東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第173号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2015/04/15(第173号)「相続分の譲渡の活用方法と課税関係」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/04/15(第173号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  皆様、こんにちは。
  資産税チームの高橋貴輝です。

 先日、相続税の申告のお客様の土地の評価のため、千葉県まで、
 実地調査と役所調査に行ってきました。

 現在は、インターネットもかなり発達しており、机上調査だけ
 でも8割方情報が入手できてしまいます。

 しかし、やはり実際に行ってみないと分からない事もあります。
 先日も、万全の机上調査の上、現地に行ったのですが、行って
 みて初めてわかることが、いくつか出てきました。

 やはり、実際に現地へ行くこと大切なことだと実感させられま
 した。

  ということで、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいた
 します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  相続分の譲渡の活用方法と課税関係
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●前回、私高橋が担当させていただいた第169号では、相続分が譲
 渡できるというお話をさせていただきました。

 そこで、今回は、その相続分の譲渡の活用方法や、課税関係につ
 いて解説していきたいと思います。


●まず、活用方法についてですが、一般的には、早めに相続財産を
 手に入れたい場合や、遺産争いに巻き込まれたくない等の場合に、

 相続分を有償で譲渡することにより、遺産分割協議が整う前に相
 続財産を取得するという使い方が考えられます。
 

●また、次のような活用方法も考えられます。

(例)
 ・ 相続人は配偶者(乙)、子(A)、子(B)
 ・ Bは、遺産を取得しなくてもよいため、相続放棄を検討し
   ているが、自分の持ち分は、Aではなく乙に渡したい。

 このような場合、相続放棄をしてしまうと、Bが持っていた相続
 分は、乙とAが半分ずつ取得することになってしまいます。

 したがって、相続分を乙に無償で譲渡することで、Bの相続分を
 すべて乙に渡すことが可能となります。


●また、このほかにも、相続人の子供(被相続人の孫)に財産を取
 得させたい場合などにも、親の相続分の一部を譲渡することで、
 可能となります。

 (後述しますが、この場合、税務リスクが非常に高いため、慎重
  に検討する必要があります。)


●次に、相続分を譲渡した場合の課税関係についてですが、次のよ
 うな可能性が考えられます。

 1.譲渡をしたのだから、有償の場合は譲渡所得税で、無償の場
   合は贈与税が課税される。
 
 2.もともと相続分を持っていたのだから、有償譲渡で取得した
   財産は、相続財産なので、相続税が課税される。

 どちらも、もっともらしい考え方ですが、答えはどちらなのでし
 ょうか?


●その答えは、残念ながら、法律には規定がありません。
 また、通達、タックスアンサー等の課税当局の公式見解も発表さ
 れていません。

 したがって、あとは裁決事例、判例、裁判例などを探していくし
 かありませんが、探していくと平成5年の最高裁判決で、次のよ
 うなものがありました。かなり要約すると...

 「確かに、法律には規定がないですが、相続税を課税するという
  のが妥当でしょう。」

 という判決です。


●したがって、最高裁判決であるため、基本的には相続税の申告を
 すれば、税務署もよほどのことがない限り、否認はされないもの
 と考えられます。

 ただし、これはあくまで「もとから相続人である人に譲渡した場
 合」の課税関係ですが、第169号では、「相続人以外の人にも譲渡
 できる」というお話をしました。

 この場合の課税関係は、非常に不明確となっています。


●平成17年に東京高裁の裁判例があり、ここでは「贈与税」が課税
 されるという判決が出ています。

 しかしながら、この判決は譲渡契約書に不備があったこともあり、
 先例としてそのまま使うことが、できない部分もありますので、
 あくまで、「贈与税が課される可能性が高い」という程度の認識
 しかできません。

 つまり、いまだ課税関係がはっきりしていない部分があります。


●これに加えて、第169号では、「相続人以外の人に譲渡した場合に
 は、相続人が買い戻すことができる」というお話もしました。

 これに関しては、裁判例等もなく、課税関係が非常に不透明であ
 るという事になってしまいます。


●以上の通り、相続分の譲渡は、使い方によってはとても便利なも
 のですが、とりわけ「相続人以外の人に譲渡した場合」は、課税
 関係が明確でないこともあり、税務リスクが高いと言わざるを得
 ません。

 皆さんも、相続分の譲渡を検討する際は、必ず専門家にご相談の
 上、慎重な対応をするようにしてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡修一、税理士 後藤文 資産税チーム 高橋貴輝
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げております。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 冒頭に書いた千葉県の土地調査ですが、調査範囲がとても広かっ
 たため、車で行ったのですが、アクアラインを通って、海沿いの
 道路をひたすら走り、途中の山道では、道端で草を食べている鹿
 と目があったりと、天気も良かったので、ドライブ気分も満喫で
 きました。

 また、お客様の土地自体も自然豊かなところで、昔は田園地帯だ
 ったのか、今でも水路があり、とても水がきれいでした。

 また、なぜかクジャクが走り回っていたり、正体不明の獣の鳴き
 声がしたりと、普段仕事をしている新宿とは全くの別世界で、仕
 事に行ったのですが、だいぶリフレッシュできた気がします。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です