東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第151号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2014/10/29(第151号)「合名会社の債務超過」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2014/10/29(第151号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。


 相続税増税まで、あと2カ月と迫ってきましたね。

 相続税だけでなく、相続でもらった財産を売った時の譲渡所得
 税なども、若干変わってきます。

 この増税直前の時期に改めて内容を確認するとともに、今後ど
 のようなことに注意していけばいいのか、どのような対策をし
 ていけばいいのか、

 無料セミナー・相談会をやることになりました。
 セミナーは、いつも一緒に不動産、資産税関連のお仕事をして
 いる、ネクストアイズさんとの共催で行います。

 詳しくはこのメルマガの下の方、および下記サイトをご参照く
 ださい。
 → http://www.nexteyes.co.jp/ne_seminar/2014_1115.html

 よろしければ是非、いらしていただければと思います。
 

  ということで、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いい
 たします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  合名会社の債務超過
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●会社を作って、不動産を保有し、所得税や相続税対策を行なう
 ということがよく行われますね。

 このメルマガでも、何度か取り上げました。


●ただ、会社・法人といっても、いろいろな種類・形態がありま
 す。株式会社、合同会社、合名会社や合資会社、あるいは、
 財団法人や社団法人、NPOなどもあります。

 各会社の違いなどは、省かせていただきますが、会社を作ると
 いったら、まずは株式会社を考えるでしょう。

 場合によっては、昔の有限会社に近い、合同会社(LLC)など
 も考えるかと思います。


●ただ、あまり一般的ではないですが、合名会社を活用するとい
 うのも考えられます。
 特に相続税の対策になる可能性もあるからです。

 合名会社では、会社を構成する社員(株式会社でいう株主兼取
 締役のような者)は、無限責任社員となります。

 株式会社の株主は、有限責任です。
 すなわち、出資した金額だけの責任を負えばいいのです。

 それに比して、無限責任社員は、出資した金額のみならず、
 会社の債務の全部について、無限に責任を負わなければなり
 ません。その意味では個人事業と同じです。


●そこで相続税上の取り扱いが、ちょっと変わってきます。

 それは会社が債務超過になった時です。

 株式会社は有限責任ですから、会社が債務超過になったら
 株価はゼロです。出資した金額の価値はなくなってしまうと
 いうことですね。

 それで終わりです。それ以上の責任はありません。
 ですから相続税ではゼロ評価です。


●しかし、合名会社の場合は、無限責任ですから、会社が債務
 超過になってしまえば、出資した金額は当然ゼロになります
 が、それだけでは済みません。

 会社の債務を個人が負うことになります。

 もし、その状態で経営者が亡くなってしまえば、相続により
 その会社を引き継ぐ社員が債務も引き継ぐことになります。

 そうなると、相続税の計算においても、その債務については
 相続財産から債務控除をすることになります。


●債務超過になった場合、株式会社であれば資産ゼロのみ。
 合名会社であれば、資産ゼロでありかつ債務控除ができる、
 ということですね。

 債務を負わなければなりませんが、それは株式会社であって
 も同じこと。後継者は会社の債務を引き継いで、頑張ってい
 かなければなりません。

 でも株式会社の場合は、相続税の計算からは引くことができ
 ません。後継者は会社の債務を背負うのに、それはちょっと
 ツライですよね。


●決して積極的な相続税対策ではありませんが、会社が一時的
 な債務超過であって、今後も継続していくのであれば、

 株式会社よりも合名会社の方が、相続税対策になる、という
 ことは言えるかも知れませんね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡修一、税理士 後藤文 資産税チーム 高橋貴輝
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げております。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

 冒頭に書きましたとおり、相続税対策セミナーを行います。
 ネクスト・アイズ株式会社さんとの共催です。

【相続・贈与必勝法セミナーのご案内】

 北岡の行うセミナータイトル

 「税理士が教える!知らないと損する相続対策」
   in吉祥寺 & in自由が丘

 ●日時:吉祥寺  11/15(土)10:30~12:00
     自由が丘 11/16(日)10:30~12:00

 ●会場:吉祥寺  吉祥寺東急イン コニファーB
     自由が丘 自由が丘グリーンホール&ギャラリー201 号

 ●内容:
   ◆相続税・贈与税改正の重要ポイントとは?
   ◆子や孫への贈与!住宅・不動産の活用と税制改正は?
   ◆知っておきたい不動産に関わる税金の特例!
   ◆セミナー終了後に無料個別相談も開催。
     個別相談:12:00~

 ※今回は無料セミナーです。

 ※詳細およびお申し込みは、下記サイトからお願いします。
   → http://www.nexteyes.co.jp/ne_seminar/2014_1115.html

  皆様のお越しをお待ちしております!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です