東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第128号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2014/05/21(第128号)「共有している土地を分筆する場合」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2014/05/21(第128号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  皆様、おはようございます。
  資産税チームの高橋貴輝です。

 このところ、相続税の増税に伴い、相続に対する関心がだいぶ
  高まってきたように感じます。

 中小企業のオーナー様にとっては、個人の相続とともに、事業
 承継という課題もあるため、お悩みの方も多いのではないでし
 ょうか?

 そのような中、6月13日(金)に、弊社代表の北岡が事業承継に
 関するセミナーを、開催することになりました。

 文末に、案内文がありますので、ご興味のある方は、いい機会
 ですので、参加してみてはいかがでしょうか?


  ということで、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いい
 たします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  共有している土地を分筆する場合
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●たとえば、相続などで取得した土地については、親子や兄弟で、
 「共有」になっていることも多いかと思います。

 この共有という状態は、土地を「持分」という形で、共同で所
 有しているもので、ここからここまでがAのもので、ここから
 ここまでがBのものなど、物理的に分けることができません。
 

●このような場合、たとえば自宅などの敷地として使い続けてい
 るうちは、問題ないのですが、売却などをする際は、当然、共
 有者全員の同意が必要なため、とても不便な側面があります。


●このような事態をなるべく避けるため、我々専門家の間では、
 特別な事情がない限り、あまり共有という状態はお勧めしてい
 ません。

 既に、共有となっている場合は、分筆をし、それぞれが単独で
 所有するようにお勧めする場合もあります。


●しかしながら、この共有となっている土地を、分筆する場合に
 は、気をつけないと贈与税などが課税されてしまうリスクがあ
 るため、注意が必要です。


●たとえば、時価5,000万円で200m2の土地を、AとBが2分の1
 ずつ(2,500万円分ずつ)共有している土地があったとします。

 これを分筆する場合、100m2ずつに分筆すれば、分筆後の土地
 もそれぞれ2,500万円ずつとなり、贈与税の問題は生じないよ
 うに思われがちです。
 

●しかし本当にそうなのでしょうか?

 たとえば、その土地の単価が、どこを切っても同じ25万円/m2
 であれば、問題はありません。

 しかし、土地の単価というのは、土地の形や道路への接し方な
 どによって変わってきます。


●したがって、たとえば...

 ・ 土地の形が、片方は真四角で、片方はいびつだった場合
 
 ・ 片方は、2本の道路に接しているのに対し、もう片方は、
   1本の道路にしか接していない場合

 などの場合は、仮に面積が100m2ずつでも、時価は2,500万円
 ずつとはならず、差額に対して贈与税がかかってきてしまう
 可能性があります。


●土地の単価というのは、他にも様々な理由で変わってきてし
 まいますので、分筆後のそれぞれの時価が、2,500万円ずつ
 となるように分筆することが、とても重要となります。


 なお、共有により全体に及んでいた権利を、一部を単独所有
 することになるため、土地の交換=譲渡とならないか、とい
 う考えもあります。

 ただし、所得税法の基本通達33-1の6により、持分に応じて
 上記のように現物分割されている限り、譲渡はなかったもの
 とされます。


●少し、難しい話になってしまいましたが、ぜひ皆様に覚えて
 おいていただきたいことは、

 「土地というものは、単純に面積を半分にしただけでは、時
  価は半分ずつにはならない」
 
 ということです。


 これを覚えておいていただいたうえで、分筆などで土地を分
 ける場合は、必ず専門家に相談してから実行していただけれ
 ばと思います。


━━【事業承継セミナーのご案内】━━━━━━━━━━━━━━

 上記に紹介したとおり、事業承継のセミナーをやります。

 ・事業承継には、どのような方法・問題があるのか?
 ・株式の承継は、どのようにしていったらいいのか?
 ・役員や社員に継いでいくには、どのようにしたらいいのか?
 ・持株会社や持株会などを、作るのは本当にいいのだろうか?
 ・誰も継ぐ人がいない場合は、どうしたらいいのか?
 ・自社は、第三者承継の可能性はあるのか?

 などなど、事業承継の疑問、やり方、税金対策等を2部構成で
 解説いたします。

 詳しくは、下記サイトをご覧ください。お申し込みも下記より
 → http://www.tm-tax.com/seminar/seminar140613.html
 
──────────────────────────────
■経営者は“ 事業を継続” させていくことが使命だ!
 【「事業承継」のために、今やるべきことは?】セミナー
  http://www.tm-tax.com/seminar/seminar140613.html
──────────────────────────────

 ●日時:平成26年6月13日(金)
      受付開始/13:30
      セミナー/14:00~16:30
      無料相談/16:30~17:00

 ●会場:ホテルローズガーデン新宿 別館2F
      丸の内線「西新宿駅」1番出口1分
      新宿区西新宿8-1-3 TEL:03-3360-1533

 ●講師:税理士 北岡修一、笹川敏幸

 ●参加費 3,000円(税込み)

 ※お申し込みはこちらから
   → http://www.tm-tax.com/seminar/seminar140613.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 資産税チーム 高橋 貴輝
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 先日、東京を中心に、広い範囲で地震がありました。

 私は、全く気付かず寝ていましたので、正確には「どうやら地震
 があったらしい」ですね。

 今回は、それほど大きな地震ではなかったのでよかったですが、
 私の住んでいる地域には、「立川断層」というとても大きな断層
 があり、いつ大きな地震があるか分かりません。

 そんな時に、私はちゃんと目を覚ますことができるのか、少し心
 配です...

 何か目を覚ますいい方法は、ないでしょうか???

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です