東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第118号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2014/02/12(第118号)「代償分割があった場合の取得費加算」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2014/02/12(第118号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  皆様、こんにちは。
  資産税チームの高橋貴輝です。

 ここのところ、確定申告や相続税の申告のお話しを沢山いただき
 大忙しの毎日を送っています。

 土日も仕事をしなければならないので、大変ではありますが、こ
 れもいい経験になりますので、頑張って乗り切っていきたいと思
 います。


  ということで、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいた
 します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  代償分割があった場合の取得費加算
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●私高橋が担当させていただいている回では、ここ数回、相続税の
 取得費加算のお話をしてまいりましたが、今回もその続きとなり
 ます。

 1週おきなので、何度も書きますが、相続税の取得費加算とは、

 相続でもらった財産を、相続のあった日から3年10か月以内に売
 ると、

 払った相続税の一部が譲渡益から引けるので、譲渡所得税が安く
 なる、という制度でしたね。


●1/14号では、相続税の取得費加算の公式を次のように紹介しまし
  た。

 1.譲渡資産が土地等の場合

    相続税額 × すべての土地等 / 相続財産


 2.譲渡資産が土地等以外の場合

    相続税額 × 譲渡した資産 / 相続財産

 上記の金額が、譲渡した際に取得費に加算できるのです。
 すなわち、譲渡益が減ることになります。


●ただ、代償分割をした場合には注意しなければなりません。

 代償分割とは、たとえば、自分が相続財産を全部相続する代わり
 に、他の人には自分のお金を支払うような遺産分割の方法です。


 たとえば、次のような例で考えてみましょう。

 例)相続人:AとBの2人(相続分はそれぞれ2分の1)

  ・相続財産:2.5億円(土地2億円とその他の財産5,000万円)

  ・分割方法:財産2.5億円をすべてAが取得し、その代わりに、
        Bに1億円を支払う。

  ・Aの相続税額:1,500万円


●Aが納税資金確保のため、相続財産の内、土地2億円を譲渡した
 場合、上記の計算式にしたがえば、相続税の取得費加算の金額は
 次のように計算されてしまいます。

   1,500万円 × 2億円 /1.5億円 = 2,000万円


 何かおかしなことに気付きませんでしょうか?

 Aさんは、相続税を1,500万円しか払ってないのに、相続税の取得
 費加算は、2,000万円もあることになってしまいます。


●なぜ、このようなことが起こってしまうのでしょうか?

 それは、分子の『譲渡した土地』2億円については、
 代償財産1億円が、全く考慮されていないのに対し、

 分母の『相続財産』1.5億円からは、
 代償財産1億円が、マイナスされているからです。

 その結果、分子が分母より大きくなり、実際の相続税額よりも大
  きい金額が算出されてしまうのですね。

                   ・・・・・
●このような代償分割があった場合には、分子の部分を、次のよう
 に計算します。
 
 1.譲渡資産が土地等の場合

                  すべての土地等
  すべての土地等 - 代償金×──────────
                 相続財産+代償金


 2.譲渡資産が土地等以外の場合

                 譲渡した資産
  譲渡した資産 - 代償金×──────────
                相続財産+代償金


 要するに、分母から代償金がマイナスされているのであれば、

 分子の部分からも、代償金のうち『譲渡した資産』に対応する
 金額をマイナスしようということです。

 ちょっと複雑ですが、分子・分母を同じ基準にそろえようという
 ことですね。


●この計算を、上記の例に当てはめて計算してみましょう。

 そうすると、まず分子部分の計算については、

              2億円
  2億円 - 1億円×───────── = 1.2億円
            1.5億円+1億円

 となります。
 上記の金額を分子として、公式に当てはめると、

  1,500万円 × 1.2億円/1.5億円 = 1,200万円

 となります。

 これが取得費加算の額になります。おかしくない金額ですね。

  
●このように、代償分割をした場合、相続税の取得費加算の計算に
 は、ひと工夫必要なのです。

 意外とこの調整計算をしないという間違いは多いようですので、
 ご注意いただければと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 資産税チーム 高橋 貴輝
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 先日、東京では13年ぶりに大雪警報が出されました。
 しかも積雪量は、40数年ぶりということでしたね。(去年も同じ
 ぐらい降ったような気もしますが)

 ふと、13年前自分は何をしていたか考えてみたのですが、確かそ
 の日は、大学のセンター試験の当日で、会場まで父に車で送って
 もらったような気がします。

 40数年前は、生まれていませんでした。

 そう考えると、結構大事だったんだなあと実感しました。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です