東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第114号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2014/01/14(第114号)「相続税の取得費加算とは?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2014/01/14(第114号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  皆様、こんにちは。
  資産税チームの高橋貴輝です。

  この時期、税理士業界は、年末調整、給与支払報告書、法定調書
 償却資産の申告など、繁忙期を迎えています。

 それに加えて、年末に発表された税制改正大綱の勉強もしなけれ
 ばなりません。

 かくいう私も、税制改正大綱の解説の原稿を書いている最中です。

 読むだけでも大変なのですが、分かりやすく解説するのに悪戦苦
 闘中です。

  ということで、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいた
 します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  相続税の取得費加算とは?
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●前々回私が担当させていただいた回では、税制改正大綱の内容
 として、相続税の取得費加算の改正を中心としてお話しさせて
 いただきました。

 そこで、今回からは、3回に分けて、この制度を詳しく掘り下げ
 ていきたいと思います。


●まず今回は、制度の概要をご説明させていただきます。

 まずこの制度の適用を受けるための要件からご説明しましょう。

 (1)相続又は遺贈により財産を取得していること
 (2)財産を取得した人に相続税額があること
 (3)相続開始の日の翌日から、相続税の申告期限の翌日以後3年
    以内に譲渡していること

 これが、要件となります。

 (1)・(2)については、大丈夫かと思います。

 
●(3)については、譲渡ができる期間を示しています。
 例えば、相続開始日(亡くなられた日)が、2013年4月1日の場
  合、いつからいつまでの間に譲渡をしなければならないのでし
 ょうか?

 いつから? → 相続開始の日の翌日から → 2013年4月2日
 いつまで? → 相続税の申告期限(2014年2月1日)の翌日以
         後3年以内 → 2017年2月1日

 となります。(2013年4月2日~2017年2月1日)

 条文をよく読まずに『相続税の申告期限から3年』などと覚え
 ていると、『いつから?』の部分を、2014年2月1日からと勘違
 いしてしまうことがよくありますので、注意が必要です。
 (相続開始の直後から売却もしていいのです。)


●それでは次に、どれぐらいの金額が加算されるのか、簡単な例
 を使って考えてみましょう。

 例)相続財産 1億円
   相続税額 1,000万円
   譲渡資産 5,000万円

   1,000万円 × 5,000万円 / 1億円 = 500万円

 となります。

 要するに、相続税額1,000万円は、相続財産全体の1億円にかか
 るものなので、そのうち、今回譲渡する資産5,000万円につい
 てかかった相続税500万円だけ取得費に加算していいですよ。
 ということです。

  
●また、譲渡資産が土地等(土地や借地権など)の場合には、も
 っと有利な取り扱いがあります。
  
 ※この取り扱いが、前々回ご案内したとおり、廃止されるこ
  ととなります。

 例)相続財産1億円(うちA土地5,000万円、B土地3,000万円)
   相続税額1,000万円
   譲渡資産(B土地3,000万円のみ)
  
 本来なら譲渡資産3,000万円分の相続税額を計算するため...

   1,000万円 × 3,000万円 / 1億円 = 300万円

    と計算するところを、そうはせず...

   1,000万円 ×(3,000万円+5,000万円)/ 1億円 
                      = 800万円

 と、A土地5,000万円も含めて、計算することができます。


●要するに、譲渡資産が土地等の場合には、譲渡していない土地
 の分の相続税額も取得費加算ができる、ということです。

  なぜそんなことをするかと言うと、これは、平成5年のバブルの
 時代に設けられた特例的な取り扱いだからなのです。
  
 この時代は、土地の値段が高く、今よりも相続税の納税に苦労
 する人が多かったため、所得税の負担をより軽減してあげよう
 ということで、このような計算をすることとなりました。

 しかしながら、バブル崩壊から20年以上経った今でも、この取
 り扱いが残っているため、問題視された結果、今回の改正とな
 ったのです。


●ただし、この改正は、平成27年1月1日以後の相続から適用とな
 りますので、現在ではこの取り扱いはまだ残っていますので注
 意が必要です。

 以上となります。

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 資産税チーム 高橋 貴輝
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>
 
 皆様、お正月はいかが過ごされましたでしょうか?
 初詣などは行かれましたでしょうか?

 私は、中学生の時から毎年同じ神社で初詣をしているのですが、
 去年までは、なんと7年連続でおみくじが大吉でした。

 こうなったら10年連続を目指すべく、今年も気合を入れて引いた
 のですがあえなく小吉で終わってしまいました。

 初詣の後は、弊社の顧問先様でもある、「カラオケBanBan」さん
 に行くというのがお決まりのコースだったのですが、今年はなぜ
 かそのまま帰ってしまいました。

 何となく、不吉な年の始めとなってしまいましたが、そんなこと
 にはめげずに、今年も頑張っていきたいと思います。

 皆様、本年もよろしくお願いいたします。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です