東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第097号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2013/09/12(第097号)「5%の内に住宅取得等資金の贈与を」

━━━━━━━━━━━━━━━━━2013/09/12(第97号)━━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□    
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 2020年東京オリンピックが決まりましたね!

 これで消費税増税も、ほぼ確実になったのでは?
 決めるのは10月初めとのことですが、もうその方向に向けて
 準備を始めていかないといけないですね。

 特に住宅購入は、金額が大きいですから、消費税の増税は
 無視できない問題です。(以下本文に)

 
 ということで、本日も「実践!相続税対策」行ってみましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  
■□  5%の内に住宅取得等資金の贈与を
□■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●皆様、既にご存知のように、2013年9月末までに建築請負契約
 をすれば、2014年の4月以降に完成・引き渡しを受けても、
 消費税率は5%のままでよい、という経過措置があります。

 ですから、9月末までに契約しようと、躍起になっている方も
 多いのでは? と思います。


●でも、当然ではありますが、2014年の3月末までに完成引き渡
 しを受ければ、経過措置の適用などは関係なく、消費税は5%
 でよいわけです。

 すなわち、契約が2013年の10月以降になっても、2014年の3月
 末までに、引き渡しを受けられるものであれば、消費税は5%
 になるということです。当たり前のことですが。


●住宅など、一生に1回か2回かしかない、大きな買い物をする
 のに、期限に迫られてあせって契約して、後悔することになっ
 てしまっては、元も子もありません。

 この点は、じっくり行きたいところですね。


●消費税率の他に、税務的にもう1つ考慮して欲しいのは、贈与
 税の非課税制度です。

 ご存知の方も多いかと思いますが、住宅購入に限って使うこと
 ができる、贈与税の非課税制度があります。

 20歳以上の子や孫が自宅を建築または購入する時に、親や祖父
 母が資金贈与をした場合には、一定金額まで非課税になる、と
 いう制度です。

 しかもこの贈与は、相続時精算課税のように、相続の時に持ち
 戻したりしないので、相続税対策にもなります。


●一定金額とは、2013年中に贈与を受ける場合は、700万円です。
 ここまでは、非課税ということです。通常の非課税枠110万円
 も加算すれば、810万円までは、非課税で贈与をすることがで
 きます。

 さらに、省エネや耐震性に優れた住宅である場合は、非課税枠
 が、1,200万円まで増えます。
 (基礎控除を含めると 1,310万円まで非課税)
 
 
●ただし、注意しなければいけないのは、贈与を受けた年の翌年
 3月15日までに、建物の引き渡しを受け、居住しなければなら
 ない、ということです。

 2013年にお金の贈与を受けた場合は、2014年の3月15日までに
 居住する、ということです。

 そうしないと、上記の贈与税の非課税を受けることができず、
 通常の高い贈与税がかけられてしまいます。
 
 たとえば、基礎控除も入れて810万円の贈与を受けた場合は、
 155万円の贈与税がかかってしまうのです。

 贈与税が非課税=0円か、155万円かでは、大きな違いですね!


●中古住宅や完成時期がわかっている建売やマンションであれば
 いいのでしょうが、注文住宅などの場合は、これからやるので
 あれば、3月15日というのは、かなりタイトですね。

 ただし、この注文住宅の場合などは、贈与を受けた翌年3月15
 日までに、屋根までできている=上棟していればよい、という
 取り扱いになっています。ちょっと、安心できますかね!


●この贈与税の非課税制度は、2014年中の贈与までです。

 ただし、2014年は、700万円の非課税枠が500万円に、
 1,200万円の非課税枠が、1,000万円に減ってしまいます。

 さらには、2014年4月以降は、消費税率は8%に、
 さらに円安で材料価格は上がっており、オリンピック特需で
 建築価格も上がっていくかも...

 ということで、住宅取得にとっては逆風が吹いてきそうです。

 
 家を建てようと思うのであれば、ギリギリではありますが、
 今のうちがいいのかな...と思うところです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一  
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

 今年は消費税の増税の経過措置や、相続税の増税などが決まり
 様々なところでセミナーをやっています。
 
 9月21日(土)は、新宿で相続税のセミナーをやります。
 題して、
 【税理士が教える。大増税時代を乗り切る相続&相続税対策】

 10:30~12:00 新宿ファーストウエスト3F(京王プラザ前)
 です。

 私以外にも役立つセミナー満載。よろしければ、是非、いらし
 てください!

 詳細およびお申し込みは、下記からお願いします。
→ http://www.nexteyes.co.jp/seminar_2013fall_01/sozoku_2013.html

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です