東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第086号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2013/06/26(第086号)「相続人と法定相続人(応用編)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2013/06/26(第86号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  皆様、こんにちは。
  資産税チームの高橋貴輝です。


 先日、平成25年度の税制改正にミスがあったというニュースを見
 ました。

 バリアフリー改修工事に関する所得税の減税に関するものなので
 すが、この制度は、消費税増税の緩和策として、所得税の控除が
 拡充されたというものです。

 本来であれば、拡充されるのは当然、消費税増税後でなければな
 らないのですが、条文にある文言を入れ忘れてしまったため、も
 うすでに拡充されてしまっているそうです。

 私たちにとっては、ありがたい話ですし、国側も今のところ是正
 はしない方針だそうです。

 財務省官僚の方でもこういうことってあるんですね。
 (担当の方は名前まで公表されて、きついおしかりを受けてしま
  ったそうです。)


  ということで、本日も「実践!相続税対策」よろしくお願いいた
  します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  相続人と法定相続人(応用編)
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●前回、第85号では、「相続人と法定相続人」について、相続税の
  計算上、「法定相続人」とは何なのかのお話をしていきました。

 今回は、相続税の計算上、この「相続人」と「法定相続人」とい
 う言葉が、どのように使い分けられているのかをご紹介していこ
 うと思います。

 (「法定相続人」は、「相続人」とほとんど同じですが、
  「相続の放棄は無視する」ということでしたね。)


●相続税の計算上、この2つの使い分けで、一番注意しなければい
 けないのは、何といっても生命保険金や死亡退職金の非課税の計
 算ではないかと思います。

 私自身、相続税の受験勉強の際は、この違いがあやふやで何度か
 痛い目にあった記憶があります。


●皆様は、生命保険金や死亡退職金を取得した際、一定の金額が非
 課税になるのをご存知でしょうか?

 生命保険金も死亡退職金も同じ計算方法ですので、以下をご参照
 ください。


●生命保険金の非課税金額は、次のように計算されます。

  500万円×法定相続人の数


 出てきました。「法定相続人」です。
 
 これも前回の基礎控除と同様、相続の放棄をして、この非課税金
 額を大きくしようとするのを防止するために、「法定相続人」と
 なっているのですね。


●これだけなら、話は簡単なのですが、この非課税の適用を受けら
 れる人は、「法定相続人」ではなく「相続人」なのです。

 簡単な例でご説明いたします。

 (亡くなられた甲の家族関係)

   配偶者 → なし
   子 → A(1人だけ)
   親、祖父母 → 既に他界
   兄弟 → X,Y,Zの3人

 
●この場合、Aが相続の放棄をすると、相続人と法定相続人は、
 以下のようになります。

 ・相続人 → X,Y,Z

 ※民法上の「相続人」は、子であるAが放棄をしており、親や祖
  父母もいないので、兄弟姉妹であるX,Y,Zとなります。

 ・法定相続人 → A

 ※相続税の計算上の「法定相続人」は、「Aの放棄は無視」しま
  すので、通常通りに子であるAとなります。


●この場合、非課税金額は、「500万円×法定相続人の数」で500万
 円と、法定相続人Aだけの人数を使って、計算されます。

 しかし、実際に非課税の適用を受けることができるのは、「相続
 人」であるX,Y,Zの3人となるのです。


●このように、相続税の計算では「法定相続人」と「相続人」が違
 う場合には、注意しなければならない点が、他にもたくさんあり
 ます。
 
 例えば、

 (法定相続人に適用があるもの)

  1.基礎控除額の計算
  2.生命保険金、死亡退職金の非課税金額の計算
  3.相続税の総額の計算
  4.未成年者控除
  5.障害者控除 など

 (相続人に適用があるもの)

  1.生命保険金、死亡退職金の非課税の適用
  2.債務、葬式費用 
     ※葬式費用は、放棄をしていても実際に負担していれば
      控除できます。
  3.相続時精算課税(直系卑属である推定相続人)
  4.相次相続控除 など


●以上、2回にわたって、「相続人」と「法定相続人」についてお
 話していきましたが、一言でまとめるとすると、

 「相続の放棄をした方がいらっしゃる場合は、注意して下さいね」

  ということです。

 そうでない方は、ご自身で相続税を勉強される際の、用語の説明
 程度にお考え頂ければと思います。


 以上、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


━━【セミナーのご案内・是非いらしてください!】━━━━━━

■都内に不動産所有…4人に1人が相続税を納税!?

 「相続税・税制改正セミナー」 講師:税理士 北岡修一
  
  http://www.tm-tax.com/seminar/seminar130724.html
──────────────────────────────

 皆様、おはようございます。税理士の北岡修一です。

 相続税の改正&対策のセミナーをやります。 
 まだ先ですが、7月24日(水)西新宿です。

 相続税の基礎控除が、4割も縮小されました。これにより
 今まで相続税を納める相続は、100人に4人だったのが倍増
 することになります。

 都内では何と、2人に1人が申告が必要となり、4人に1人が
 納税する...ということも言われています。
 
 まずは、相続税がどのように改正になったのかを、正しく把握
 しておいてください。

 その上で、重要なのが小規模宅地の特例の活用などの、相続対策
 です。
 特例を使うには、いろいろな条件がついています。これは相続に
 なる前から、準備をしておく必要があります。

 是非、そのポイントを押さえておいてください。

 そのようなことを始め、様々な相続税の対策をお話しますので
 是非、聞きにきていただければと思います。

 詳細およびお申し込みは、下記サイトから。
 → http://www.tm-tax.com/seminar/seminar130724.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 資産税チーム 高橋 貴輝
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
  
  梅雨真っ只中ですが、あまり雨が降りませんね。
 梅雨入りしたての頃は、天気予報などでは「今年は空梅雨」なん
 て言っていましたが、「空梅雨」ってそもそも梅雨なんでしょう
 か?
 最近、ふと疑問に思ったので、書いてみました。
 早く梅雨明けになるといいですね。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です