東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第077号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2013/04/18(第077号)「二次相続について(前篇)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2013/4/18(第77号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様はじめまして。
 資産税チームの高橋貴輝と申します。

 今週から、この「実践!相続税対策」を、隔週で書かせていた
 だくことになりました。

 内容は、お堅い税務のお話ですが、なるべく分かりやすくお伝
 えできるよう、頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い
 します!!


 それでは、本日もメルマガ「実践!相続対策」よろしくお願い
 いたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  二次相続について(前篇)
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●みなさん、二次相続という言葉をご存知でしょうか?

 このメルマガをご覧いただいている方は、相続について勉強さ
 れている方も多いかと思いますので、ご存知の方も多いでしょう。


●たとえば、父親が死亡し、その財産を妻が相続したとします。
 これが、一次相続です。

 そして、その相続した妻が死亡した場合、これを二次相続とい
 います。

 この二次相続というキーワードは、相続対策をする上で、とて
 も重要なものですので、今回と第79回の2回にわたって、お話し
 ていきたいと思います。


●早速ですが、皆さんに簡単なご質問です。

 次のような場合、相続税を安くするために、皆さんならどのよ
 うに財産を分けますか?

(例)
 ・被相続人 : 一次相続=父(平成27年1月1日死亡)
 ・財産   : 2億円(すべて現金預金)
 ・家族構成 : 父、母、長男、次男

 ※母固有の財産1億円あり(すべて現金預金)


●この場合、配偶者(妻)については、最低1億6,000万円まで取得
 しても相続税がかかりません。

 したがって、配偶者が1億6,000万円を取得し、残りを半分ずつ
 兄と弟とで分ければ、相続税がかなり安くなります。


●実際に計算してみましょう。
 ※今回は、計算方法のご説明ではないので、詳しい計算方法は
  割愛させていただきます。

 基礎控除額を、改正後の4,800万円(3,000万円×600万円×3人)
 として、相続税の総額を計算すると、2,700万円となります。

 各相続人の相続税は、実際の取得額で按分します。

 母 → 2,700万円×1.6億/2億   =1,580万円

 兄 → 2,700万円×2,000万円/2億 =270万円

 弟 → 2,700万円×2,000万円/2億 =270万円

 このうち、母の1,580万円は課税されませんので、最終的な
 相続税額は、270万円×2人=540万円 となるのです。

 上記のとおり、配偶者が1.6億円まで取得しても、その分の
 相続税はかからないのです。


●これに対して、この配偶者の1億6,000万円までの制度を使わない
 としたら、どうでしょうか?

 兄弟で半分ずつ取得した場合の相続税額は、最終的に、2,700万円
 となります。


●つまり、母が1億6,000万円取得し、この制度を適用することで、
 2,160万円も節税したことになります。すごいですね。

 ...はたして本当にこれでよいのでしょうか???


 少し長くなってしまいましたので、続きは次々回、私が担当させて
 いただく回でお話しさせていただきたいと思います。


 お読みいただきありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 資産税チーム 高橋 貴輝
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>

 いかがでしたでしょうか?
 皆様に分かりやすく伝わっていれば幸いです。
 今後もこの調子で頑張ってまいりますので、どうぞよろしく
 お願いいたします。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です