東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第052号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2012/10/17(第052号)「都市公園用地の評価」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012/10/17(第52号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■ ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□ http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。

 税務部の荒川琢哉です。

 10月も中盤に差し掛かり、今年も残すところ2ヶ月半になりました。

 月日が経つのは本当に早いですね・・・  

 では、メルマガ「実践!相続税対策」本日もよろしく
 お願いいたします!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□   都市公園用地の評価
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●相続した土地が都市公園の用地として市に貸し付けられて
 いる場合のその土地の評価についてお伝えします。


●結論から言いますと、その土地については、都市公園の用地
 として貸し付けられていないものとして評価した価額から、

 その価額に 100分の40を乗じて計算した金額を控除した金額、
 すなわち、その価額の 60%の金額によって評価します。


●都市公園を構成する土地については、都市公園法により
 私権が行使できないこととされており、

 また、公園管理者に対する都市公園の保存義務規定もある
 ことから、相当長期間にわたりその利用が制限されることに
 なります。

●このようなことから、相続税および贈与税の課税上、都市
 公園の用地として貸し付けられている土地の価額は、

 その土地が都市公園の用地として貸し付けられていないもの
 として評価した価額から、

 その価額に 100分の40を乗じて計算した金額を控除した金額
 によって評価することになっています。


●なお、この取扱いの適用がある「都市公園の用地として貸し
 付けられている土地」とは、都市公園法に規定する公園または

 緑地(堅固な公園施設が設置されているもので、面積が 500m2
 以上あるものに限ります。)の用に供されている土地として
 貸し付けられているもので、次の要件を備えるものとされて
  います。

 1.土地所有者と地方公共団体との土地貸借契約に次の事項の
   定めがあること

 (1)貸付けの期間が、20年以上であること

 (2)正当な事由がない限り、貸付けを更新すること

 (3)土地所有者は、貸付けの期間の中途において正当な事由
       がない限り、土地の返還を求めることはできないこと


 2.相続税または贈与税の申告期限までに、その土地について
   権原を有することとなった相続人または受贈者全員から、

   その土地を引き続き公園用地として貸し付けることに同意
     する旨の申出書が提出されていること


●今回、相続した土地についても上記の要件を満たすものであれば、
 100分の40の控除を行って差し支えありません。

 なお、この取扱いの適用を受けるに当たっては、その土地が都市
 公園の用地として貸し付けられている土地に該当する旨の

 地方公共団体の証明書(上記の要件の 2.に掲げた申出書の写し
 の添付があるものに限ります。)を、税務署長に提出する必要
  があります。


●まとめますと「都市公園は公共性が強く、処分に相当の制限が
 あることから、その事情を考慮して評価額を下げますよ」という
 ことでしょう。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。
   
   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一  税理士有資格者 荒川 琢哉
        info@tmbc.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>

 最近は、秋晴れが続いていて、何をやるにしても気持ちの良い
 季節です。

 休日の土曜日に、まとめて洗濯しますが、割と短時間で乾いて
 しまいます。

 洗濯して、掃除して、クリーニングに行って、夕方近くから飲
 みに出歩いたりしていますね(笑)。

 住まいの近くに新宿御苑がありますので、たまには早起きして
 近くを散歩したりするのも、本当はいいんでしょうけど...。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です