東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第050号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2012/09/19(第050号)「控除できる葬式費用の範囲」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012/09/19(第50号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。

 税務部の荒川琢哉です。

 先週は台風16号で、特に九州地方は大変でした。
 
 もう温帯低気圧に変わったとの事ですが、多少の影響は残る
 ようなので、突風や豪雨には引き続き、気を付けたいもの
 ですね・・・。

 
 では、メルマガ「実践!相続税対策」本日もよろしくお願い
 いたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  控除できる葬式費用の範囲
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●葬式に関連して支出した費用は、原則として、相続財産から
 控除することができますが、

 その範囲を明確にすることは、なかなか困難なことです。

 そのため、法律により、葬式費用に該当するか否かの判定の
 基準が定められています。


●相続財産から控除できる葬式費用には次のようなものがあり
 ます。

 1.葬式又は葬送に際し、あるいはこれらの前において埋葬、
  火葬、納骨又は遺がい若しくは遺骨の回送その他に要した
  費用
  (仮葬と本葬の両方を行った場合には、両方とも葬式費用
   として控除できます。)

 ≪具体例≫
   本葬式費用、仮葬式費用、密葬費用、通夜費用、納骨費用


 2.葬式に際し、施与した金品で、被相続人の職業、財産その
  他の事情に照らして相当程度と認められるものに要した費用

 ≪具体例≫
   お寺へのお布施


 3. その他葬式の前後に生じた出費で、通常葬式に伴うものと
  認められるもの

 ≪具体例≫
   会場借上費用、通夜の飲食代


 4.死体の捜索又は死体、遺骨の運搬に要した費用

 ≪具体例≫
   遺体運搬費用



●相続財産から控除できない費用には、次のようなものがあり
 ます。

 1.香典返戻費用(なお、香典は相続財産にはならず、非課税)

 ≪具体例≫
   香典返し費用、香典返し品代


 2.墓碑及び墓地の買入費並びに墓地の借入料

 ≪具体例≫
   墓地整備費用、仏具代、墓地買入費


 3.法会に要する費用

 ≪具体例≫
   初七日法要費用、四十九日法要費用


 4.医学上又は裁判上の特別の処置に要した費用
 
 ≪具体例≫
   遺体解剖費用


●まとめ

 亡くなられた方(被相続人)の葬式費用は、被相続人の債務では
 ありませんが、相続の開始に伴い、必然的に発生する費用である
 ため、控除が認められています。


 葬式費用の控除は、納税者有利の規定ですので、個々の事由に
 応じて適切に判断したいものです。

 なお、債務及び葬式費用を控除することができるのは、基本的に
 相続人に限られていますのでご注意ください。



★━【セミナーのご案内】━━━━━━━━━━━━━━━━━★

    “相続税増税”間近に迫る!?
    「相続対策」セミナーのご案内
★────────────────────────────★

 年末に予定されている「平成25年度税制改正大綱」には、相続
 税の増税が入る確率が高くなっています。以前から先送りされ
 ている相続税の基礎控除を、4割削ろう、という改正です。

 これにより、相続税を納税しなければいけない方が倍増し、
 都内で一戸建ての住居と預金がそれなりにあれば、相続税がか
 かるケースが大変多くなってくるのでは?と思われます。

 そこで、当税理士法人でも、相続税の増税に対する対策セミナー
 を開催することにしました。

 下記のとおり行ないますので、ご関心のある方、ご心配な方、
 是非、いらしていただければと思います。
 お待ちしております。

          <開催要領>

 ●日 時:平成24年9月27日(木)15:00~16:30
              個別相談:16:30~17:30
 ●場 所:東京メトロポリタン税理士法人 会議室
      → http://www.tm-tax.com/
       新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F
       TEL:03-3345-8991
       地下鉄丸の内線「西新宿駅」地下から直結 

 ●講師および相談員:
    税理士 北岡修一、税理士有資格者 荒川琢哉、他税理士
 ●セミナー料:無料です!

 ※参加のお申し込みは、下記アドレスまで
  「相続対策セミナー参加申込み」と記載して、メールして
   ください。
  → info@tmbc.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。
   
   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一  税理士有資格者 荒川 琢哉
        info@tmbc.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『認められるまぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

 先週の金曜日、新入社員の歓迎会を兼ねた社内懇親会を、弊社
 近くの割烹料理店で、行ないました。

 民家を改装して造られた風情あるお店で、料理もお酒もゆっくり
 落ち着いて頂くことができました。

 料理も美味しかったこともあり、お酒もかなり進みました。

 初秋のひと時、楽しく過ごすことができました。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です