東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第041号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2012/07/11(第041号)「物納制度(その4)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012/07/11(第41号) ━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■ ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□ http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。

 税務部の荒川琢哉です。

 本日はさっそく本題に入ります。

 では、メルマガ「実践!相続税対策」よろしく
 お願いいたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  物納制度(その4)
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●前回まで、物納について下記のような内容を書いてきました。

 ・概要
 ・物納に充てることができる財産
 ・物納に充てることができる順位
 ・申請の手続き


 今回は、物納財産の収納、物納申請の却下があった場合の手続き
 について書いてみようと思います。


●物納財産の収納

 ○収納価額

  物納財産の収納価額は、相続税の計算で使用した財産の
  価額によります。

  ただし、税務署長は、収納の時期までにその財産の状況に
  著しい変化があった場合は、収納の時期の現況により
  その財産の収納価額を定めることができます。


 ○納付時期

  物納の許可を受けた場合の相続税は、物納財産の
  引渡し、所有権の移転の登記などの時期をもって、
  納付があったものとします。


 ○過誤納額(収納価額が相続税額を超える場合の差額)

  物納の許可を受けて納付した相続税に過誤納額が
  あった場合には、

  その物納に充てた財産は、納付した人の申請により、
  過誤納額の還付に充てることができます。

  ただし、その財産が換価されていたときなどの場合は、
  例外です。


●物納申請の却下に係る延納

  税務署長は、物納の申請があった場合に、下記の申請
  の却下をしたときは、20日以内の申請により、

  金銭で一時に納付することを困難とする一定の額を
  限度として、延納の許可をすることができます。

 ・延納により、金銭で納付することを困難とする事由がないと
  認め、物納申請の却下をしたとき

 ・納付を困難とする金額が、その申請した金額より少ないと
  認め、その申請の相続税額の一部について却下をしたとき


●物納申請の却下に係る再申請

  税務署長は、物納の申請があった場合に、その財産が
  管理処分不適格財産または物納劣後財産(メルマガ第36号
  にて記載)に該当するため、

  その申請の却下をしたときは、20日以内の申請により、
  納付を困難とする一定の額を限度として、物納の許可を
  することができます。


●本日は、物納財産の収納や物納申請の却下があった場合
 の手続きについて書きました。

 次回「物納の撤回」で物納制度を締めくくりたいと思います。


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。
   
   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 税理士 後藤 文 税務部 荒川 琢哉
        info@tmbc.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

 いかかでしたでしょうか?

 物納制度の全体像がみえてきましたか?
 
 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です