東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第035号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2012/05/25(第035号)「類似業種比準方式の概要」

━━━━━━━━━━━━━━━━━2012/05/25(第35号)━━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□    
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 なかなか国会は、決めてくれませんね。
 特に社会保障と税の一体改革は、影響が大きいですから、
 早く方向性を出して欲しいと思います。
 分裂?再編?いくところまで行かないとダメなのかも知れ
 ませんね。

 ということで、本日の実践!相続税対策、いってみましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  
■□  類似業種比準方式の概要
□■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●第32号で、非上場株式の評価方法について、

 ・類似業種比準方式
 ・純資産価額方式

 のどちらの評価で、評価するのか、ということを書き
 ました。

 類似業種比準方式の方が、評価が低くなりやすい、
 それを取れるのは、会社の規模が比較的大きな会社
 である、というようなことを書きました。


●今日は、類似業種比準方式の概要について、簡単に
 解説します。

 類似業種比準方式は、評価する会社と、それに類似
 する業種の上場会社とを比準させて、上場会社の株価
 から、類推して株価を計算しようというものです。

 その比準要素は、次の3つであることを、第29号で
 書いています。

 1.配当
 2.利益
 3.純資産


●この3つの比準要素を使って、次のように株価を計算
 していきます。

 
 類似業種の株価 × 比準割合 × しんしゃく率
(上場会社)

 = 類似業種比準価額


 上記算式の意味は、

 まずは、類似業種(上場会社)の株価を基に、
 
 類似業種と評価する会社を、3つの比準要素で比較した
 比準割合を掛け、

 さらに、上場会社に比べて流通性(換金性)がないこと
 などを考慮した、しんしゃく率を掛けます。

 これにより、非上場会社の株価(類似業種比準価額)が
 計算されます。


●上記計算式中、先頭の類似業種の株価は、国税庁から
 発表されている類似業種の株価で、次の内、最も低い
 ものを選ぶことができます。

 ・評価時期の月の株価
 ・評価時期の前月の株価
 ・評価時期の前々月の株価
 ・評価時期の前年の平均株価

 前3カ月の株価および前年平均の中から、一番低い株価
 を選ぶことができるので、いつ贈与するか、なども株価
 評価に影響してきますね。


●比準割合は、ちょっと複雑なので次回にします。

 最後のしんしゃく率は、上記に書いたように、上場会社と
 比べて、圧倒的に換金性がない株式なので、その分、割引
 しよう、ということです。

 このしんしゃく率は、会社の規模によって違ってきます。

 ・評価区分が、大会社に該当する場合 70%
 ・評価区分が、中会社に該当する場合 60%
 ・評価区分が、小会社に該当する場合 50%

 大中小の区分は、大会社については、第32号のメルマガで
 書いた通りです。
 中小は、それ以下の会社、ということで詳細は割愛させて
 いただきます。


●概要は以上のように評価していくのですが、個々のところ 
 では、様々な要件があって、なかなか複雑な評価になって
 います。

 次回以降、比準割合の計算方法など、もう少し細かく見て
 いきたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 税理士 後藤 文 
    税理士有資格者 荒川 琢哉  info@tmbc.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

 今週は、金環日食フィーバーでしたね。何百年ぶりとかいうと
 本当に人生というのは短いなと思ってしまいます。
 せっかく一度の人生ですから、やりたいことを思いっきりやった
 方がいいですね!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です