東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第020号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2011/11/23(第020号)「土地は形によって評価が異なる(その6)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━2011/11/23(第20号)━━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■ ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□ http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の後藤文(あや)です。

 相続税も改正するやらしないやら・・・

 この2~3年、なんだかずっと翻弄されているような
 気がします。

 私たち、この業界の人間もそうですが、資産をお持ち
 の方は、我が身のこととしてとても気になるところです
 よね。


 では、メルマガ「実践!相続税対策」本日もよろしく
 お願いいたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■ 
■□  土地は形によって評価が異なる(その6)
□■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●これまで、私の担当する偶数回では、土地の評価に
 関する対策(主に評価方法のご紹介となりましたが)を
 お話してきました。

 主だったものはご紹介できたかなと思うのですが、
 ご自分の土地で該当するようなケースはありましたで
 しょうか?

 土地の評価に関しては、ひとつひとつ全く状況が違う
 ので、よくあるパターンだから自分の土地も該当する、
 とは限りませんね。

 そのため、実際の評価に際しては、その土地特有の
 個別事情を考慮していかないと、適正な評価額が計算
 出来ないことは、ご理解頂けたかと思います。



●土地の評価の基本形は、

 ・「路線価×面積」と
   
 ・「固定資産税評価額×倍率」です。


 これは、財産評価基本通達で定めれらているもので、
 土地の評価において最もベースとなる計算です。

 この路線価という数値、これは土地の個別事情を考慮
 せず決められた標準的な数値です。

 固定資産税評価額については、一応個々の事情を加味
 したものという位置づけではありますが、行政が一定
 のルールに従い決定した数値であり、不当に高いと
 問題になることがよくあります。

 個別の事情を見落としているところから、そのように
 なってしまうのです。
 


●そこで、土地の評価においては、個別事情を発見し
  そのマイナス要因を補正していくことが大事になって
 くるのです。

 一律に上記の算式で評価額が決まってしまったら、
 同じ路線価の道路に面している、同じ面積の土地は、
 全て同じ価値ということになります。

 でもそんなことはあり得ません。

 土地の形、接している道の状況、電車などの騒音や
 振動、周辺事情・・・などなど。

 その土地にかかる個々の事情が異なるため、売れる
 値段も個々に違います。



●これまでにご紹介したもの以外でも、次のような
 土地については、評価減が出来る場合があります。


・区画整理を行っている土地

・道路と地面の間に高低差がある土地

・傾斜のある土地

・建物の再建築が困難な土地

・騒音、悪臭などにより利用に支障がある土地

・高圧線の下にある土地

・造成中の土地

・土壌が汚染されている土地


 等々です。



●今回は総論的な話になりましたが、個々の土地の事情
 は、住んでいる人が一番よく知っているものです。

 自分の土地のマイナス要因など、あまり感じたくは
 ありませんが、いざ評価!となったときは、不要な
 相続税を排除するためにも、潜在しているマイナス
 要因を明確にしておきたいものです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 税理士 後藤 文 info@tmbc.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

 北国では、もう雪が降っているのですね。

 寒くなると、食べ物のおいしさが増す気がします。

 特に生姜は体を温めてくれるそうで、熱を加えて
 食べると効果大とのこと。

 風邪もはやっているので、体によいものを食べて、
 この先の寒さを乗り切りたいと思います。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です