東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第013号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2011/10/05(第013号)「居住用の評価減は2つ受けられる?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━2011/10/05(第13号)━━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□    
□■  ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□       http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 今日は水曜日ですね。
 このメルマガを出すのを忘れていました...。

 どうもまだ水曜日というのが慣れないですね。
 ということで、遅くなりましたが配信します。

 本日もよろしくお願いいたします!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  
■□  居住用の評価減は2つ受けられる?
□■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●小規模宅地の評価減、一番使われるのは、
 居住用の評価減です。

 これは亡くなられたかた(被相続人)が
 住んでいた自宅の土地が、基本的には
 評価減されます。


●ただ、もう1つ忘れてならないのは、
 被相続人と生計を一にする親族が住んで
 いる自宅の敷地も、評価減の対象になる、

 ということです。


●居住用の評価減、というと、被相続人が
 住んでいたところしか、考えない人も
 多いので、これを聞くとビックリする
 人も多いですね。


●被相続人が住んでいた自宅の宅地と、
 生計一の親族が住んでいる自宅の宅地が
 両方ある場合は、

 居住用の評価減は、2つの宅地について
 できるということです。


●ただし、限度面積は、240m2までですから、
 2つ合わせて240m2まで、80%評価減が
 できる、ということです。

 この240m2を有効に使うために、どの土地
 に誰が住むか、なんていうこともよく
 考えておくことが、

 相続税対策になりますね。


●平成22年の改正で、居住用は1つまで、
 ということになりましたが、それは、
 1人1つまで、ということで、人が変われ
 ば、2つでも3つでも、居住用の評価減は
 
 受けられる、ということです。


ということで、今日はここまで。

次回私の番(2週間後)では、この居住用の
宅地を、誰が取得したらいいのか、について
お話していきます。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 税理士 後藤 文 info@tmbc.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

 ★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
  『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
    → http://www.tm-souzoku.jp/

 ★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
  情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )          ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>

 午後は嫌な雨になりましたね。これからちょっとこもって
 3時間雑誌の原稿書きに集中します!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です