東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!相続税対策」 >> バックナンバー(第006号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!相続税対策」 バックナンバー

2011/08/17(第006号)「遺言書の意味」

━━━━━━━━━━━━━━━━━2011/08/17(第6号)━━━
■□
□■ 【実践!相続税対策】-知っているといないでは大違い!
■□
□■ ”基本を正しく理解し、時間をかけて対策しよう!”
■□ http://www.tm-souzoku.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。

 税理士の後藤文(あや)です。
 メルマガ「実践!相続税対策」、


 おとといは、終戦記念日でしたね。

 毎年この時期、戦争にちなんだドラマや特集などを
 見ると、とても厳粛な気持ちになります。

 どんなに時代が変わっても、忘れてはいけないことっ
 てたくさんありますよね。

 日本は唯一の被爆国。その焼け野原も、今ではきれい
 な街になりました。
 
 震災復興の道のりも遠いですが、自分たちの出来る
 ことを精一杯頑張りたいですね。


 では、メルマガ「実践!相続税対策」本日もよろしく
 お願いいたします!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■
■□  遺言書の意味
□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●相続の仕事に携わるようになってから驚いたのは、
 「相続」は、本当に「争族」なんだ、ということでした。

 それまでは、話には聞くけれど、同じ血筋の人たちで、
 そこまでもめるかな~、と思っていました。

 でも・・・本当にもめますね。
 最近は、もめずに済むことは、ラッキーなのかもしれな
 いとまで思うようになりました。



●もめる理由は・・・
 言うまでもなく、財産があるからで、尚且つ、もめるよ
 うな人員(相続人)構成になってしまっているんですね。



●例えば、

 「お父さんが亡くなりました。子供が2人いました。その
 うち1人は、お父さんが亡くなる以前に亡くなっており、
 孫が代襲相続人となりました。」

 というような場合です。


 相続人となるのは、被相続人の子供と、この孫というこ
 とになります。


 子供にしてみれば

 「自分は何十年も父親と人生を歩み、ともに苦労し、介
 護もしてきた。孫なんて、かわいがられていただけじゃ
 ないか。」

 という気持ちです。


 でも、法律の上では、相続権は2分の1ずつです。

 もし私が子供の立場だったら・・・やはり何か主張
 したい気持ちが出てきたかもしれません。

 まあそのようなところから「争族」になっていくわけ
 です。



●では、どうすればいいのか。
 やはり、被相続人の生前に、被相続人の意思で、道筋を
 決めておくことが大事です。

 そして、それを形にしておく。

 遺言ですね。

 「争族」の場合は、遺留分の問題もあります。

 しかし、それでも遺言はあったほうがいいのです。



●先日、ある方から遺言の「深い話」を聞きました。


 とある相続で、色々もめた暁に、遺産分割が整いました。
 
 そして、分割協議書押印の日、なんとタンスの奥から
 遺言書が発見されたのです。

 その中には、被相続人の自筆で「○○の別荘を次女に」
 と財産についてはそれだけしか記載がありませんでした。

 分割協議とは異なる遺言・・・相続人たちは悩みました。

 でも、そのたった一行の自筆の遺言書を眺めている間に、
 相続人たちは、被相続人のことを思い出しました。

 「そう言えば、次女とこの別荘に行ったときの思い出を
 楽しそうに話していたことあったわね」

 皆それぞれに、被相続人との思い出がよみがえってきた
 のです。

 遺言書の発見という想定外の出来事で、再度「争族」か、
 と思われましたが、逆にこの遺言書のお陰で相続人の気
 持ちがひとつになり、遺産分割がスムーズに進んだ、と
 いうお話でした。



●遺言書を作成するにあたって、特に決まりはないとさ
 れています。

 でも、出来ることならば自筆で、そして内容も、財産の
 ことだけではなく、相続人に対する思いを書いたほうが
 いいと言います。

 「Aさんは、最後までよく介護をしてくれました。」

 「Bさんは、障害のある子供の面倒をみながらも、時間
 を見つけては電話をくれましたね。」

 遺言書は、財産を書き並べるだけのものではないんですね。

 こうやって思いが綴られていることで、相続人が互いに
 思いやる気持ちを持つことが出来るのです。



●誰に何をあげようかしら・・・その前に、皆への思い
 を言葉にあらわしてみる。

 それこそがあるべき遺言の形ではと思いました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

【お勧めメルマガ 「実践!相続税対策」】
⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→ info@tmbc.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-souzoku.jp/
【編集】税理士 北岡 修一 税理士 後藤 文 info@tmbc.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

★当税理士法人では、相続税の専門サイトを立ち上げました。
『東京メトロポリタン相続相談センター』 です。
→ http://www.tm-souzoku.jp/

★上記サイトに、相続税申告および相続税対策に関する様々な
情報を載せておりますので、是非、そちらもご覧ください。

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html
このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
( http://www.mag2.com/ ) ID 0001306693
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 被相続人の気持ちが、亡くなったあとも相続人たちをま
 とめていく。

 究極の相続対策だなぁ、と思いました。

 人の心を動かすのは、やはり心でしかないということ
 なんですね。
 
 遺言に対する思いが一変するお話でした。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!相続税対策』(マガジンID:0001306693)

今後、増税が避けられない相続税。都内で土地を持っていればかなりの確率で相続税がかかってくる可能性があります。相続税対策は、知っているか知らないかで、将来に大きな差が出てきます。相続税対策の基本から応用まで、その知識・手法を毎週ご紹介していきます。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です