東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(15/12/18)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2015/12/18「住宅ローン控除の床面積の判定について(マンションの場合)」

Q 先日、住宅ローンを利用して2LDKの自宅マンションを購入しました。
  住宅ローン控除を受けるため、パンフレットで床面積を確認したところ、
  51m2と記載されていたため安心していましたが、購入後、あらためて
  登記簿謄本を確認したところ、床面積が48m2と記載されていました。

  この場合、住宅ローン控除を受けることはできないのでしょうか?


A ご質問者様が心配されているのは、住宅ローン控除の適用要件の1つであ
  る、「床面積が50m2以上であること」という点かと思います。
  今回の場合、パンフレットと登記簿謄本で異なる面積が記載されてしまっ
  ています。

  これは、パンフレットが間違いということではなく、床面積の表示方法が
  2種類があるためです。

   ・ 壁芯面積 → 壁の中心までを含めた面積
   ・ 内法面積 → 壁の内側(実際に使用できる)部分のみの面積

  通常、パンフレットなどには、この壁芯面積が記載されることが多いので
  すが、区分所有マンションの場合、登記簿には内法面積※で記載されるた
  め、違いが生じてしまいます。
  ※区分所有でない一戸建ての場合は、壁芯面積で登記されます。

  それでは、住宅ローン控除でいう床面積とは、どのような床面積になるの
  でしょうか?
  答えは、「登記簿上記載されている床面積」です。
  つまり、区分所有マンションの場合は、内法面積ということになります。

  したがって、残念ですが、ご質問者様の場合は住宅ローン控除を受けるこ
  とができないこととなってしまいます。

  また、この登記簿上記載されている内法面積は、「専有部分のみの面積」
  ですので、廊下、階段、エレベーター、屋上などの「共用部分の面積」は
  含まれていません。

  そうなると、なんとか、この共用部分の面積を住宅ローン控除の床面積の
  判定に含めることはできないか?と考えてしまいますが、これも残念なが
  ら認められません。
  あくまで、「登記簿上記載された床面積」(専有部分の内法面積)で判定
  されてしまいますので、十分にご注意ください。

  最後になりますが、2LDK前後のマンションを購入された場合、床面積
  が50m2前後となることが多いかと思います。
  
  その際、住宅ローン控除を適用したい場合は、
  「登記簿上の面積(内法面積)が50m2以上あるかどうか」
  を、必ず事前に確認してから購入するよう、くれぐれもご注意ください。

                           《担当:高橋》


※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です