東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(15/11/13)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2015/11/13「住宅エコポイントやすまい給付金に対する税金」

Q マイホームの建築に伴い、「住宅エコポイント(省エネ住宅ポイント)」
  と「すまい給付金」を受取りました。
  これらについては、税金の対象となるのでしょうか。


A 住宅エコポイントにより商品等と交換した場合や、すまい給付金を受取っ
  た場合には、その交換または受け取った年の「一時所得」として所得税の
  対象となります。

  ただし、一時所得の計算においては50万円の特別控除がありますので、こ
  れらを合わせて50万円以内であれば実質的に税負担はありません。

  また、すまい給付金に関しては国庫補助金として取り扱われるため、申告
  時に所定の手続きをすることにより、一時所得の対象に含めないこともで
  きます。

  一時所得に含めなかった場合には、マイホームの取得価額から国庫補助金
  分(すまい給付金分)を差し引かなければなりませんから、将来マイホー
  ムを売却する際の取得費の計算では注意が必要です。

  さて、住宅エコポイントやすまい給付金を受け取った際には、もう一つ注
  意したい点があります。住宅ローン控除の計算です。

  住宅ローン控除の計算上、マイホームの取得価額からエコポイントの価額
  やすまい給付金の金額を控除して計算しなければならないのです。
  
   ※ 結果的に住宅ローン控除の金額は若干少なくなります。

  これは意外と見落としやすいようなので、住宅ローン控除の申告の際には
  十分ご確認ください。

  ちなみに、住宅エコポイントの発行・申請の受付は終了しておりますが、
  取得したポイントでの商品等との交換は来年1月15日までとなっています。

  まだ交換されていない方がいらっしゃいましたら、お早めにお手続きいた
  だきたいと思います。

                           《担当:樋口》



※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です