東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(15/08/28)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2015/08/28「サラリーマンのマンション投資による節税について」

Q 私は、ごく一般的なサラリーマンですが、先日不動産屋さんからワンルーム
  マンションの投資話を持ち掛けられました。
  なんでも、ワンルームマンションに投資をすることで、所得税が返ってくる
  とのことですが、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?


A このような節税効果を謳った不動産投資の話は、よく耳にするところです。
  この不動産投資による節税ですが、これは所得税の計算構造に理由があり
  ます。
  所得税は、給与所得や事業所得、不動産所得など、所得の種類が10種類に
  わかれており、これらの所得を合算(一部は分離課税)して、所得税が
  計算されます。

  ご質問者様の場合、現在は給与所得に対して課税されており、給与から
  天引きされる形で、税金を支払っていると思います。
  不動産投資をした場合には、給与所得と不動産所得が発生することになり、
  今後は、この2つの所得を合算して所得税が計算されることになります。

  その際、家賃収入による不動産所得が黒字であれば、当然、その分の税負担
  が増えることとなりますが、赤字の場合は給与所得から赤字が差し引かれる
  ことになります。そのため、既に天引きされていた税金が、還付されること
  になります。

  すなわち、不動産投資で「赤字」にならなければ、税金は返ってこない
  ということになります。利益を得るために投資をしているのに、赤字に
  ならないと税金が還付されないのでは、結局は損しているということにも
  なりかねません。

  不動産所得が赤字になる理由は、経費として減価償却費、金利などがある
  からです。特に、初年度は、不動産の登記料や登録免許税、不動産取得税、
  その他諸費用などがかかり、赤字になりやすいのです。

  ただし、本当の赤字だと不動産投資をする意味はありませんね。そこには
  ちょっとしたカラクリ?がありますが、それはまた、次回私が担当する回
  でお答えしたいと思います。

                           《担当:高橋》



※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です