東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(15/08/21)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2015/08/21「マイホームから派生する収入」

Q 昨年、マイホームを購入しましたが、比較的大きな通り沿いの物件である
  ため、広告代理店を通じて「自宅屋上に看板を立てさせて欲しい」との
  依頼がありました。

  この場合、広告料として収入を得ることになりますが、確定申告の必要は
  あるのでしょうか(私は会社で年末調整をしている会社員です)。  


A 看板等、広告のために不動産を使用させて収入を得た場合には、その収入
  は「不動産所得」に該当することとなり、確定申告が必要です。

  したがって、原則としてご質問者は、毎年受け取った広告料を不動産所得
  に計上して、確定申告をしなければなりません。

  その際、看板にかかった費用(たとえばネオンサインの場合の電気代等)
  は、必要経費として認められますから、集計もれがないようにしましょう。

  ところで、ご質問者は毎年会社にて年末調整をされているようですが、
  この場合、会社から受け取る給与以外の所得が20万円以下であれば申告不要
  となりますので、ご注意ください(住民税は少額でも申告対象です)。

  また、今回のご質問の広告料以外に、マイホームから派生する収入として、
  モニター料やモデルハウス料といったものもあるようです。

  マイホームを建設した工務店やハウスメーカーが、今後の住宅開発の参考
  とするべくモニターを委託するケース(モニター料)、希望者がいる場合
  にモデルハウスとして自宅を見学させるケース(モデルハウス料)などが
  そうです。

  この場合の収入についても、広告料と同様に確定申告の対象であり、その
  申告の区分は「雑所得」として取り扱うものとされています。  

  マイホームを通じて、様々な形で収入を得ることがありますが、多くの
  場合その収入は、確定申告の対象となります。

  後々ペナルティが生じることがないように、心配な収入などあれば税務署
  または税理士等の専門家までご相談ください。

                           《担当:樋口》





※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です