東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(15/07/24)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2015/07/24「養子が受ける住宅取得資金贈与」

Q 私は結婚する際に、妻の親の養子になりました(いわゆる婿養子)。
  今回、マイホームの購入に伴い、養父である妻の父から住宅取得資金の
  贈与を受けましたが、住宅取得資金贈与の特例の対象となるのでしょうか。


A ご質問の場合、養子縁組をした養父(妻の父)から受ける贈与になります
  ので、住宅取得資金贈与の特例の対象となります。

  住宅取得資金の贈与の特例は、直系尊属から受ける住宅取得資金が対象
  となります。したがって、受贈者から見て、その贈与者が直系尊属に
  該当するか否かで、判断することとなります。

  直系尊属とは、自分を中心に親族関係図を見た場合に、縦の関係にある
  父祖(自分より前の世代)をいい、養子縁組をした養父母も含まれます。

  そのため、養子縁組をした場合には、その養父母は直系尊属になるため、
  住宅取得資金贈与の特例の対象となるわけです。

  もちろん、実親も直系尊属になりますので、養子縁組をしたからといっても、
  実親から住宅取得資金の贈与を受けて、特例を受けることは可能です。

  また、配偶者の両親と養子縁組をした後、その養親の親(配偶者の祖父母)
  から住宅取得資金の贈与を受けた場合も、それは直系尊属からの贈与と
  なりますので、特例の対象として考えます。

  仮に、結婚と同時にマイホームを購入する予定があり、結婚前に配偶者の
  親等から贈与を受けた場合には、通常は結婚前は養子縁組をしていないと
  思われますので、特例の対象外となります。

  あくまでも、贈与の時点で直系尊属であるかが、ポイントとなるのです。

  家族として日常を過ごしている際には、あまり意識されていないかも
  知れませんが、いざ贈与税の申告のために戸籍謄本を確認してみると、
  直系尊属には該当しなかった、という事例も何回か遭遇したことがあります。

  たとえば、特別養子縁組の場合です。

  諸事情により、小さい頃に親戚の養子(特別養子)となった場合、
  特別養子縁組では、実親との親子関係がなくなってしまいます。
  そのため、将来、実親から住宅取得資金の贈与を受けても、
  直系尊属からの贈与とはならず、特例の対象外となってしまうのです。

  あるいは、会社を経営している伯父(父の兄)の跡継ぎとなるために、
  実父が伯父の養子となるケースもあります。

  実父が養子となる前に出生された方は、実父の養父となる伯父は直系尊属
  となります。ただし、出生後に実父が養子となった場合には、その伯父は
  直系尊属とはなりませんから特例の対象外です。

  家族の関係は文字にしてもわかりづらい部分が多く、また、そのご家族の
  状況によって様々な形があるでしょう。

  もし、贈与を受ける本人だけでなく、贈与をする親等が過去に養子縁組を
  されているなど、気になる方がいらっしゃるようであれば、税務署または
  専門家まで事前に確認されてみてはいかがでしょうか。

                            《担当:樋口》






※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です