東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(15/04/17)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2015/04/17「連帯債務のそれぞれの負担額は?」

Q 5,000万円のマイホームを購入するのに、自己資金1,000万円、住宅ローン
 4,000万円で夫婦共有で購入することになりました。自己資金の部分は、
 すべて妻の預金で支払い、住宅ローンは連帯債務としました。
 なお、マイホームは土地も家屋も50%ずつの共有としています。

 連帯債務については、銀行との約定において、それぞれの負担割合が
 定められていませんが、住宅ローン控除を行うにあたって、夫婦それぞれ
 いくらの借入れをしたことになるのでしょうか?


A 連帯債務は、通常は銀行との間では、それぞれがいくらを負担するのか、
 という取り決めはしません。あくまでローンの全額を連帯債務者全員で
 連帯して支払っていく必要があります。
 しかし、住宅ローン控除の場合などは、それぞれのローン残高を把握
 しないと、控除額を計算することができません。

 連帯債務の原則は、特約がなければ、受けた利益の比率によることに
 なります。それがない場合は、人数割りということになります。
 質問者の場合には、特約はないようですから、受けた利益の比率ということ
 になります。

 全体として5,000万円のマイホームであり、持分は50%の共有とのことです。
 したがって、それぞれの購入金額は、2,500万円となります。その内、奥様
 が自己資金で1,000万円出していますから、住宅ローンから出した金額は、
 1,500万円ということになります。

 ということで、住宅ローン4,000万円の連帯債務は、1,500万円が奥様が
 受けた利益、残り2,500万円はご主人が受けた利益ということになり、
 その金額のローンをそれぞれがした、ということで住宅ローン控除を行えば
 よいでしょう。
 受けた利益とは違った住宅ローンの負担割合にすると、夫婦間で贈与が
 あったこととなってしまい、贈与税の問題が発生することになります。
 ご注意いただければと思います。

                            《担当:北岡》


※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です