東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(15/04/03)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2015/04/03「共有する土地の固定資産税」

Q 昨年父が亡くなったため、父が所有していた実家の土地のうちの一つを、
  兄(60%)と私(40%)の2人が、共有で相続しました。

  このたび、市から兄のもとへ、固定資産税の通知書が届いたとのことで、
  兄から固定資産税の負担について、相談がありましたが、兄宛に届いた
  固定資産税を、私も負担しなければならないのでしょうか?

  また、私や負担することにより、兄に贈与税が生じてしまうことはないの
  でしょうか?


A 共有地の場合、その共有者は、固定資産税の全額について、連帯して
  納付する義務があります。

  そのため、共有者であるご質問者についても、持分に応じて負担される
  のが一般的であると思われますし、当然、それを負担することによって、
  お兄様に贈与税が生じることはありません。

  そもそも、共有地の場合には『○○様(代表者名)他○名』といった
  形式で、代表の方宛に固定資産税の通知が届くこととなりますが、これは
  代表者のみが、納税義務を負っているわけではないのです。

  代表者宛に届いた固定資産税の通知書であっても、共有者全員に対して
  連帯納付を求められていますから、共有者間でその負担を話し合っておく
  必要があるでしょう。

  ところで、代表者の選定は自治体によって異なるものの、一般的に以下の
  基準によって決められています。

  ・持分の多い方や世帯主の方
  ・不動産が所在する市に在住する方
  ・登記簿の一番上に記載されている方  など

  この場合、所定の手続きにより、代表者を変更することもできますし、
  自治体によっては共有者全員に持分に応じた固定資産税の通知を
  行っていることもあるようです。
  ご希望があれば該当する自治体へお問合せされてみてはいかがでしょうか。

  なお、固定資産税の通知書は、早い自治体では4月上旬頃から、遅い
  自治体でも5月中旬には発送されています(自治体によって異なります)。

  今回のご質問のように、相続等によって新たに共有となったケース
  だけでなく、従来から共有であったケースにおいても、共有不動産の
  固定資産税の負担について改めて共有者間でも確認されると良いでしょう。

                            《担当:樋口》


※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です