東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(15/02/27)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2015/02/27「確定申告2 修繕積立金の必要経費算入時期」

Q 賃貸用にマンションの1室を購入しました。管理組合の規約に従い、毎月
  修繕積立金を支払っているのですが、支払いをした年分の必要経費にできる
  でしょうか?


A 不動産所得の必要経費として計上できるのは、12月31日時点において、
  次の要件をすべて満たしている金額とされています。

  1.債務が成立していること
  2.債務に基づく、原因となる事実が発生していること
  3.金額を合理的に算定できること


 これらの要件に照らして考えると、修繕積立金については2番目の
 「事実の発生」がまだ生じていません。

 そのため、支出をした時点では、まだ必要経費には出来ないことになります。

 マンションの修繕積立金は、将来的な大規模修繕等に充てるため、管理組合
 が徴収し積立て、納入したものは管理組合が解散しない限り区分所有者へ
 返還しないというのが一般的です。

 このような性質の支出であるにも関わらず、何年かに一度の大規模修繕等の
 タイミングでしか必要経費とならないというのは、実情にそぐわないといえ
 ます。

 そこで、修繕積立金の支払いが、次の要件のもと行われている場合には、
 その支払いは、支払日の属する年分の必要経費に算入することが認められて
 います。

  イ.マンションの区分所有者は、管理組合に対して修繕積立金の支払義務
    を負うことになること

  ロ.管理組合は、支払を受けた修繕積立金について、区分所有者への返還
    義務を有しないこと

  ハ.修繕積立金は、将来の修繕等のためにのみ使用され、他へ流用される
    ものでないこと

  二.修繕積立金の額は、長期修繕計画に基づき各区分所有者の共有持分に
    応じて、合理的な方法により算出されていること


 本来は、上記1~3の要件を満たすことが必要なため、実際に修繕等が行われ、
 その修繕等が完了した日の属する年分の必要経費になるというのが原則です。

 しかし、修繕積立金の支払いが、上記イ~二のすべての要件を満たす場合
 には、支払期日の属する年分の必要経費とすることができます。

                            《担当:後藤》


※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です