東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(14/11/21)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2014/11/21「建て替えの場合の固定資産税」

Q 自宅を建て替えようと思いますが、家を取り壊してしまうと固定資産税
  が高くなってしまうと聞きましたが、本当でしょうか?そうだとすると、
  それを避けるためにはどのようにしたらいいのでしょうか?
  
  また、新たに家を建てるのを息子が行う場合は、固定資産税はどうなる
  でしょうか?


A 土地の固定資産税は、住宅の敷地になっていると200m2までは、課税標準
  が1/6になります。逆に言えば、住宅が建っていないと固定資産税が
  6倍になってしまう、ということです。

  この判断は、毎年1月1日現在の状況によります。したがって、1月1日
  の時点で、住宅が建っていなければ、固定資産税が6倍になってしまう、
  ということになりかねません。

  ただし、建て替えの場合には、たとえ1月1日に住宅が建っていなくても
  次のような要件を満たせば、住宅用地として認められ、固定資産税が上が
  ることはありません。

  1.前年度は住宅用地であったこと
  2.住宅の建設が着手されており、翌年度までに完成するものであること
  3.住宅の建て替えが、同一の敷地で行われること
  4.土地の所有者が変わってないこと
  5.建物の所有者も原則として変わらないこと

  したがって、通常の建て替えであれば、上記の要件を満たせば、固定資産
  税が上がることはありません。

  ただし、注意すべきは2の要件であり、1月1日の時点で取り壊しは終わ
  っているが、新しい建物の建設に着手していないと、上記の要件は満たさ
  なくなってしまいます。
  
  この点は、各自治体でも柔軟に取り扱われているようであり、たとえば、
  1月1日までに「建築確認申請書」が提出されていて、一定時期までに建
  設に着手していれば、住宅用地として認める、というような扱いをしてい
  るようです。この点は是非、各自治体にご確認ください。

  また、もう1つの質問の、新しい建物を建てる人が変わってしまう場合は
  上記5の要件を満たさないことになり、1月1日に住宅が建っていなけれ
  ば、固定資産税は6倍になってしまう、ということになります。

  したがってこのような場合は、1月1日には住宅が建っているように、十
  分注意を払って建て替え計画を作っていく必要がありますね。
  ちなみに、建物と土地の所有者が違っていても、住宅用地には変わりませ
  んので、固定資産税が高くなることはありません。


                            《担当:北岡》


※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です