東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(14/10/31)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2014/10/31「相続税額の取得費加算」

Q 昨年母から相続したA土地を売却したいと思っています。母の相続時に
  取得した財産は、A土地とB土地のみで、相続税額は1,000万円でした。

  相続税額の取得費加算の制度が改正になったと聞きました。

  来年売却の予定ですが「相続税額の取得費加算」については、改正前の
  計算を使えますか?


A 改正前の計算方法を使うことが可能です。

  今回の改正は「平成27年1月1日以後に発生した相続により取得した土地等」
  について適用されます。

  改正前は、相続した土地等を、相続のあった日の翌日から3年10ヶ月以内
  に売却した場合には、相続した「全ての土地等にかかる相続税」を取得費
  に加算して、譲渡所得の計算をすることができました。

  ご質問の場合だと、A土地だけを売却したとしても、A土地とB土地に対して 
  納めた相続税1,000万円を取得費に加算することができました。

  ただし、平成26年度の税制改正により「平成27年1月1日以後に発生した
  相続により取得した土地等」の売却については、取得費への加算額が見直
  されています。

  取得費に加算できるのは、その「売却した土地等に対応する相続税」のみ
  となります。

  A土地を売却した場合、取得費に加算される相続税額は、A土地にかかる
  相続税のみということです。

  そもそも、取得費加算の制度は「相続税を納めるための売却」を前提
  としたものでした。

  納税ための売却で、更に税金が発生しないよう、相続から3年10ヶ月
  という期間を設け、その間の売却であればなるべく税金がかからない
  ようになっていたのです。

  ある意味かなりの優遇ではありましたので、今回の改正により原則的な
  考え方に戻ったといえるでしょう。

  とはいえ、実際の税金計算には重くのしかかってくることになります。

  来年以降の相続で取得した土地等を売却する際には、譲渡所得税について
  ご注意ください。

                            《担当:後藤》

※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です