東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(14/10/03)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2014/10/03「サブリース収入の消費税」

Q マンション1棟を不動産管理会社に対してサブリースすることにしました。
 この場合、消費税の取扱いはどのようになりますか?


A サブリースとは、オーナー(不動産所有者)が、不動産管理会社に対して
 所有物件を一括で貸付け、不動産管理会社がそれを転貸する事業形態をいい
 ます。

 通常は家賃保証となるため、一定の手数料の負担により空室リスクが回避で
 きるというメリットがあります。
 また、管理運用なども委託できるため、サブリース形態を検討されるオーナ
 ーも少なくないようです。

 通常の賃貸の場合は、オーナーが直接入居者と賃貸契約を結ぶため、その入
 居者の利用状況に合わせて、消費税の課税・非課税の判断を行います。

 しかし、サブリースの場合は、オーナーが賃貸している相手は、不動産管理
 会社であり、入居者はその不動産管理会社と賃貸契約を結んでいます。

 そのため、オーナーと入居者の間に接点はありませんが、オーナーと不動産
 管理会社との契約で、「転貸後に住宅として使用する」ことが明らかにされ
 ていれば、オーナーの収入は居住用の収入として非課税になります。

 さらに言えば、オーナーから不動産管理会社へ賃貸する際、店舗・事務所・
 住宅などの用途を、階ごとや、部屋ごとなどで、契約書上明確にしておけば、
 その用途ごとに、課非判断がされることになります。

 消費税については、基本的には実体での課非判断となりますが、契約書の文
 言も重要なポイントになります。

 契約書で使用目的が明文化されていない場合は、課税上トラブルになる可能
 性もありますので、契約書の作成には十分ご注意ください。

                            《担当:後藤》

※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
 詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です