東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(09/07/17)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2009/07/17「収用等があった場合の譲渡所得の特例」

Q 現在居住している自宅が高速道路の用地として買収されることになりま
  した。補償金の金額の提示などはまだ行われておりませんが、本年末か
  ら来年にかけて契約となる予定になっております。
  その補償金を使い、新たに土地を取得して家を建てる予定です。
  土地の買収に関して申告をする必要があること、また優遇措置があるこ
  とを聞いていますが、どのようなものがあるのでしょうか。
       
A 国などへ収用によって土地や建物を売却した場合には、譲渡所得の計算
  にあたって特例を受けることができます。
    特例の内容としましては、特別控除(5,000万円控除)と代替資産の特例
  の2つがありますので、紹介させていただきます。

  < 特別控除 >

   この制度を利用した場合には、譲渡所得から5,000万円を控除すること
   ができます。5,000万円控除して残額がある場合には、その金額が課税
   対象になります。

   ※注意点
    ・棚卸資産には適用されません
    ・最初の買取の申出後、6ヵ月以内に譲渡しないと適用されません
    ・収用の証明書などを添付し確定申告をする必要があります
    ・収用があった最初の年にのみ適用することができます

  < 代替資産の特例 >

   こちらの制度は、収用された資産と同種の固定資産を取得した場合に
   は、その購入に充てた金額に相当する部分は、課税を将来に延期する
   制度です。
   新たに購入した資産を売却などした場合には、その時点で課税される
   ことになります。

   ※注意点
    ・棚卸資産には適用されません
    ・購入した資産が同種の資産であること(この組合せには様々なパ
     ターンが考えられます)
    ・収用の証明書などを添付し確定申告をする必要があります
    ・購入した資産の取得費は売却した資産の取得費を引き継ぐことに
     なります。(将来の売却時や減価償却費に影響します)

  両制度とも、特徴がありどちらを適用していくかは、取得する資産の内
  容、売却金額などいろいろな点を考慮して決めていく必要があります。
  例えば、売却金額が5,000万円以下であるようなケースであれば、特別
  控除を選択しておくことで、将来の売却時の税金なども含め、譲渡に関
  する税金を低くすることができます。

  収用の特例については、適用要件など事前に確認すべき事項が多くあり
  ますので、事前に専門家へご相談ください。


  ※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
   詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

                                                      《担当:永澤》


**********************************************************************

  掲載の内容は、作成日時点の法令等に基づいております。
  実際のお取引の際には、改めて該当法令等をご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です