東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(09/01/02)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2009/01/02「税制改正について その2」

  あけましておめでとうございます。本年も役に立つ情報を提供していきた
  いと考えておりますので【不動産 税金相談室】を、よろしくお願いいた
  します。

   
  前回は、税制改正がどのように行われるのか、また、税制改正大綱の概要
  について説明させていただきました。
  今号では、その中から住宅ローン控除を中心に、不動産に関係するものを
  いくつかピックアップして紹介していきたいと思います。

  
 <住宅ローン控除の適用期限の延長・控除可能額の引上げ>
  
  以前から話題となっていましたが、住宅ローン控除については、適用期限
  が、5年間延長されました。
  また、過去最大規模といわれている控除可能額ですが、最高で600万円
  となる見込みです。(最高上限や、控除率については、後述します)

  減税の期間は、すべて10年間となっています。

  また、所得税から控除しきれない部分については、住民税から控除するこ
  とができます。(97,500が上限となります)
  住民税から控除をするためには、申告をすることが必要ですので、手続き
  等がわからない時には、専門家などにご相談することをお勧めします。

  住民税から控除できる方は、源泉徴収票の摘要欄に「住宅借入金等特別控
  除可能額」として記載されますので、そちらを確認してみると良いでしょ
  う。

  現行のローン控除と比較すると、大幅に控除額が増額されていますが、新
  しいローン控除は、平成21年1月1日以降に居住を始めた方が対象にな
  ります。
  すでに何件かご質問を受けていますが、平成20年中に居住を始めている
  方は現行の住宅ローン控除が適用されることになります。

  居住開始がいつなのかは、基本的には住民票の日付で確認します。ただし
  それが実態を表していないのであれば、引越業者の領収書など実際の引越
  の日が確認できるものを用いることになります。
 
  ~控除上限・控除率~
    ●一般住宅
      (入居年)  (借入金残高上限)  (控除率)
      平成21年   5,000万円   1.0%
        22年   5,000万円   1.0%
        23年   4,000万円   1.0%
        24年   3,000万円   1.0%
        25年   2,000万円   1.0%
    ●長期優良住宅
      平成21年   5,000万円   1.2%
        22年   5,000万円   1.2%
        23年   5,000万円   1.2%
        24年   4,000万円   1.0%
        25年   3,000万円   1.0%


 <長期優良住宅の新築をした場合の所得税額の特別控除の創設>
  ・・・いわゆる200年住宅等の「投資減税」
  
  長期優良住宅を新築した場合には、一般住宅より割高となる部分(最大で
  1,000万円まで)の10%を所得税から控除できるという制度です。

  この制度は、住宅ローン控除とは違って、ローンをしなくても、所得税の
  控除が受けられる制度です。

  また、その年に控除しきれない場合には、翌年に繰り越して控除すること
  ができます。
  ここでいう、長期優良住宅とは、耐久性や耐震性、省エネ性能などが一般
  住宅より優れている住宅のことを言います。(いわゆる200年住宅)

  なお、この制度は、住宅ローン控除との選択適用になります。

  この制度は、新築の住宅が対象ですが、既存の住宅に関して省エネ改修工
  事、バリアフリー改修工事を行った場合にも、税額控除がうけられる模様
  です。

 
  今回紹介させていただいたもののほかにも、土地等の長期譲渡所得の特別
  控除制度など興味深いものがいくつかあります。それらにつきましては、
  次号にて紹介させていただく予定です。


  ※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
   詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

                                                      《担当:永澤》


**********************************************************************

  掲載の内容は、作成日時点の法令等に基づいております。
  実際のお取引の際には、改めて該当法令等をご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です