東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「不動産 税金相談室」 >> バックナンバー(08/10/03)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「不動産 税金相談室」 バックナンバー

2008/10/03「土地を取得するためにかかった利子」

Q 今年春、投資用にと賃貸用アパート(土地及び建物)を購入し、夏から賃
    貸収入を得ています。購入資金の8割は銀行からの借入れによっております。

    年末には満室となりましたが、借入利子の負担も大きく、大きく赤字になり
  そうです。

  これまでは給与所得のみでしたので、今年初めて確定申告を行う予定です。
  この場合、借入金の利子は全額経費としてもよいのでしょうか?



A 不動産所得とは、不動産から得た収入から、その収入を得るためにかかった
  費用を差し引いて計算します。その結果が赤字の場合、他の黒字所得との差
  引計算を行うことができます。これを損益通算といいます。

  ただし、この損益通算ができる不動産所得の赤字金額からは「土地(土地の
  上に存する権利を含む)を取得するために要した借入金の利子」部分は除か
  れることになっています。そのため、その利子部分の赤字について損益通算
  はできないということになります。

  具体的に、損益通算ができない金額とは、下記の部分の金額ということにな
  ります。

 (1)土地等の借入金利子の金額 > 不動産所得の損失の金額、の場合   
          ⇒不動産所得の損失の金額 

 (2)土地等の借入金利子の金額 ≦ 不動産所得の損失の金額、の場合 
          ⇒土地等にかかる借入金利子の金額 


  土地と建物を一括購入した場合で、借入金が土地と建物で区分されていない
  場合、その借入金は、まずは建物の取得に充てられたものとして計算すること
  ができます。


  また、ご質問の場合は、今年から不動産業務を開始されたようですが、借入金
  の利子のうち、業務開始後の期間に係るものは必要経費として計算しますが、
  業務開始前の期間に係るものは、不動産の取得価額に算入することになります。


  ※本文で紹介させて頂いた内容は概略となります。
   詳細につきましては税務署または税理士等の専門家にご確認下さい。

                                                      《担当:後藤》


**********************************************************************

  掲載の内容は、作成日時点の法令等に基づいております。
  実際のお取引の際には、改めて該当法令等をご確認下さい。

メールマガジン一覧に戻る

『不動産 税金相談室』(マガジンID:0000164151)

ネクスト・アイズが発行するメールマガジン【本当の住まいづくり入門】内で、弊社税理士が「税理士がお答えします!【不動産 税金相談室】」を執筆しています。

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です