東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第633号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2015/12/21(第633号)「未払消費税をしっかり把握する」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/12/21(第633号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで強い会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップするには、まずは会計から変えよう!”
■■        http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます!
 税理士の北岡修一です。

 今年も仕事できるのは、残すところあと1週間となってきました。
 
 昨今は税務調査の手続きが長くなったせいか、この1週間であと
 2件終結すべきものがあります。

 ちょっと前までは、15日頃には終わっていたのですが、その点
 税務署の方もこだわらなくなったようですね。
 でも、今年のものは今年中に是非、決着を着けたいところです。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いい
 たします。 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  未払消費税をしっかり把握する
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●消費税の税率が2017年4月に、8%から10%になることが既に
 決まっているのは、皆様ご存知のとおりです。

 これには、経営者や経理の皆様は、相当注意しておく必要があ
 ります。


●というのも、消費税納税のための資金繰りのことです。

 昨年、5%が8%になって消費税の納税がこんなにあるのか、
 と感じた方は、多いのではないでしょうか?

 事実、平成27年8月に国税庁が公表した平成26年度の滞納状況
 によると、新たな滞納5,914億円のうち、消費税の滞納が3,294
 億円と、55.7%も占めているのです。

 ただし、これは8%の増税の影響はまだ少ないと思いますので、
 これからもっと増えていくと思います。


●消費税は、売上にオンして、企業に入金されるわけですが、皆
 様十分ご存知のとおり、これは預かっているお金です。

 後日、仕入れや経費で支払った消費税を引いて、その残額を国
 に納付しなければなりません。

 それは十分にわかってはいるのですが、お金に色はついていま
 せんから、通常の会社のお金と一緒になってしまうのです。


●納付するのは、基本は本決算で年1回、中間であと1回、ある
 いは中間を3回払うこともあります。

 年間6,000万円以上を納付する会社は、中間納税を毎月払うこと
 になります。

 ただ、多くの会社は年2回あるいは4回納付ではないでしょうか。


●このようにまとめて払うため、預かったお金ではあっても、払う
 時に、非常に重税感を感じます。

 8%になって、この重税感が増していませんか?

 2017年からこれが10%に上がるわけですから、さらに重税感が
 増してきます。消費税は消費者や低所得者のことがよく言われま
 すが、最も資金で大変になるのは、企業ではないかと思うのです
 が...この対策も考えてもらいたいところです。


●ですから、企業としてはこれについて、しっかりと対策をしてい
 く必要があります。

 まずは、今、払うべき消費税はいくらあるのか、これを毎月きち
 んと把握することです。

 会計技術的には、負債の部にある仮受消費税と、資産の部にある
 仮払消費税を相殺すれば、その差額が現在納付すべき消費税にな
 ります。

 ただし、非課税売上が多かったりすると、単純に差額では計算で
 きなくなってきます。また、正しい会計処理がされていなければ
 単純に差額とは言えなくなってきます。


●ここは、経理や会計事務所と相談して、毎月末の払うべき消費税
 がきちんと把握できるように、会計処理ができるようにしていく
 ことが大事です。

 できれば、毎月、仮受・仮払の相殺処理をして、しっかり未払消
 費税を試算表に表示するようにした方がいいと思います。

 それができなければ、毎月未払消費税を別途計算してもらうよう
 にしてはいかがでしょうか?


●毎月、現状ではこれだけ発生している(預かっている)というの
 がわかるだけでも、ずい分違ってきます。

 理想的に言えば、その分の現預金を別途の預金にしておく、のが
 一番いいですが、できるのであればそうしてください。

 ただ、切羽つまると毎月の資金繰りにどうしても使ってしまう、
 別にしてても使ってしまう、という企業が多いというのが実情で
 はありますが...。


●あるいは、3か月や1か月ごとに申告納税をする、という方法を選
 ぶこともできます。ただし、それを選んだ場合は、最低でも2年間
 続ける必要があり、支払えなければ滞納になってしまいますので、
 あえてそこまでするのは、お奨めしませんが。


●ですから、しっかり毎月会計処理や計算をして、今、一体消費税
 として支払うべき金額はいくらあるのか、これを把握するという
 ことだけでも、是非、やってください。

 これは、会計事務所に協力してもらった方がいいですね。
 間違った金額を把握していても、困りますので。


 ということで、是非、滞納にならないように気をつけてください。

 自分の会社の預金にあっても、あくまでこれは単に預かっている
 お金なのですから...。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に
 貢献する。

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの
  中小企業が、「強い会社」・「儲かる会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
  お気軽にメールください。必ず返信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )       ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記> 
 
 私ども事務所の仕事は、今週25日までとしました。25日に終わ
 るというのは、ちょっと記憶にないくらい早い気がしますね。
 ただ、暦の並びを見ていると23日働いてでも、その方がいいか
 なと思いますね。そんなことを考えていたら、23日に打ち合わ
 せをお願いしたい、なんてお客様が出てきて、私は23日も出る
 ことになってしまいました(笑)。場合によっては26日もありま
 すし...。何はともあれ、あと1週間頑張っていきましょう!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です