東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第628号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2015/11/16(第628号)「落とすべき時に落とす」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/11/16(第628号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで強い会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップするには、まずは会計から変えよう!”
■■        http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 今日は時間がないので、早速本文に入っていきます。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いい
 たします。 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  落とすべき時に落とす
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●売掛金や貸付金などが、相手先が支払える状況でなくなり、
 とても回収できる状況でなくなった場合、これを損金で落とす
 かどうか、悩むことがあるかと思います。

 相手が完全に倒産したり、自己破産したりすれば、落とさざる
 を得ないのでしょうが、なかなか踏ん切りがつかない場合もあ
 ります。


●まして、こちらの業績があまり良くない場合など、落としてし
 まうと赤字になってしまう、という状況だど余計に落としづら
 くなってしまいます。

 そこで、実際には回収できないけれども、貸倒れにはせずに、
 そのまま売掛金や貸付金にしておく、というケースも多いので
 はないでしょうか?


●ただ、貸倒れについては、本来落とすべき時期は、決まってい
 ます。

 会社更生法や民事再生法などで、切り捨てられることが決定し
 た場合は、その年度で落とします。

 相手が債務超過などで返済が不可能で、債権放棄などをした場
 合は、当然、その時に落とします。

 また、実質的に全額回収できないことが明らかになった時は、
 その明らかになった年度で落とします。


●上記は、言ってみれば当然のことなのですが、こちらの事情も
 あります。どうしても今期は落としたくない、となれば、その
 ままにしてしまうことも、ある程度は理解できます。

 特に、上記の3番目の実質期に全額回収不能・・・というのは、
 こちらの判断が入りますので、先延ばししやすいのです。


●とりあえず貸倒れにしないことについては、税務上は、税金を
 減らすわけではないので、その時には問題はありません。

 ただ、いずれ落とす際には問題になってくることがあります。
 それは、落とすべき時期を逸してしまっているので、後で落と
 すと否認されてしまう可能性があるのです。


●貸倒損失は、本来落とすべき時期が損金算入の時期です。

 たとえば、3年前に落とすべき貸倒損失を今期に落とせば、
 本来は今期の損金ではありません。3年前の損金です。

 したがって、厳密にやれば、今期の貸倒損失は認められない
 ことになります。

 今期の申告は修正した上で、3年前の申告について、更正の
 請求の手続きをしなければなりません。

 今期の分の税金を払って、3年前の税金を返してもらう、と
 いうようなことになります。それでは面倒なので、税務調査
 などでは、実務的には容認してくれることも多いでしょう。


●ただし、更正の請求は5年前までしかできませんので、それ
 以前に落とすべき貸倒れがあった場合には、状況が違ってき
 ます。

 今期の修正申告だけして、5年より前の貸倒れ分の税金は
 還ってこない、ということになってしまいます。

 回収もできず、損金にして税金負担を減らすこともできず、
 ということになってしまうのです。


●このようなことが起こらないためにも、貸倒れについては、
 どうしても回収できないものは、その事実が発生した時に
 しっかりと落としておくことが大事です。

 ほっておくと、いつ回収不能になったのかわからなくなり
 ますので、注意してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に
 貢献する。

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの
  中小企業が、「強い会社」・「儲かる会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
  お気軽にメールください。必ず返信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )       ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記> 
 
 昨日は、友人のお子さんが出るというのでバレエを見に行きま
 した。すばらしかったですね!軽快でキレのある動き、毎日の
 練習量と節制が半端じゃないんだろうなと思いましたね。
 心が洗われるような時間でした。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です