東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第592号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2015/03/09(第592号)「会社は公器と思えるかが分岐点」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/03/09(第592号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで強い会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップするには、まずは会計から変えよう!”
■■        http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 最近は非常に株高で、いい雰囲気になってきた気がしますね。

 世の中、一筋縄でいかない様々な問題もありますが、でも、
 方向としては良い方に進んできているなあ、と思えることが、
 経営や人生には大事ではないかなあ、と思いますね。
 

 ということで、本日も「実践!社長の財務」行ってみたいと
 思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  会社は公器と思えるかが分岐点
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「企業は社会の公器である」というのは、松下幸之助の言葉で
 す。

 人、もの、金などは、すべて社会からの預かりものであり、
 企業が成り立っているのは、社会が必要とするからである、
 ということです。

 だから企業は、社会のお役にたち、社会に貢献していかなけれ
 ばならないという、社会的責任があるのです。


●これはどんな企業でも、そうだと思います。

 松下電器(現パナソニック)のような大きな会社はもちろん、
 脱サラをして独立して、会社を作ったような場合でも、そうな
 のです。

 特に人を1人でも雇えば、会社は公器であることを意識してい
 かないといけません。


●松下幸之助のように崇高な理念まで行かなくても、会社を成長
 発展させたい、と思うならば、「会社は公器である」と思える
 かどうかが、分岐点になるのではないかと思っています。

 自分で作った会社だから、すべては自分のもの、すべて自分の
 好きなように、都合のいいようにしていいんだ、と思っている
 限りは、会社は成長しないのではないでしょうか?


●そのような思いが強ければ、常に会社は公私混同の温床になっ
 てしまうでしょう。社員を雇ったとしても、それは自分のため
 に働いてくれる使用人であって、共に幸せになっていく仲間と
 は思えないのではないでしょうか?

 そのような会社では、自分の範疇でできる仕事にとどまってし
 まうのが目に見えています。

 いつまでたっても、個人会社のまま、ということになります。


●真剣に会社を成長発展させていこうと思えば、会社は公器であ
 ると思えるかどうかです。

 そう思えば、経営者として、社長としてどのような行動を取っ
 ていけばいいか、自ずとわかってきます。

 会社は公器といっても、その考え方のレベルには、相当の個人
 差があるでしょう。でも、まずは自分の考えられるところから、
 これを実践していけばいいと思います。

 そうすれば、必ず会社は成長発展していきます。成長発展して
 いく中で、経営者としての経験を積めば積むほど、そのレベル
 を上げていけばいいのです。

 それをどこまで上げられるかによって、会社の規模、業容が決
 まってくるのでしょうね...。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に
 貢献する。

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの
  中小企業が、「強い会社」・「儲かる会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
  お気軽にメールください。必ず返信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )       ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記> 
 
 今日はちょっとえらそうなことを書いてしまいましたが、自分
 に対する戒めを書いていると思って、ご容赦ください。
 でもやはり会社を作ったからには「いい会社」にして、皆と喜
 びを分かち合って楽しくやっていきたいですね!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です