東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第589号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2015/02/16(第589号)「会社の規模で株価が変わる!?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/02/16(第589号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで強い会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップするには、まずは会計から変えよう!”
■■        http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 今日は2月16日。私どもの業界では、繁忙期の始まりですね。

 確定申告の開始ですが、でもその前から、還付申告は出して
 いますし、資料を集めたり入力をはじめていたり、もう半分
 くらいは過ぎているイメージですね。

 皆様も早目に、自分の申告やってしまいましょう。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」行ってみたいと
 思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  会社の規模で株価が変わる!?
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●先週、自社株対策のことを書きましたが、非上場会社の株価を
 計算するのは、非常に難しいことなのです。

 上場会社であれば、株式市場で取引される金額が、日々出てい
 ますから、それで評価すれば公正な評価といえます。

 ただ、非上場会社には、そのような時価がありません。

 でも、売買価格や、所得税、相続税、贈与税などを計算するに
 は、1株いくらなのか、という株価を決めなければいけません。


●では、どのように決めるのか?

 通常は、相続税評価額がベースになります。相続税の財産評価
 基本通達により計算される評価額です。

 これは、相続税や贈与税の計算に使われる評価額ですが、この
 評価額が、通常の売買や、所得税や法人税の計算でも、準用さ
 れています。


●この相続税評価額は、原則的な評価方法として、純資産価額方
 式と、類似業種比準価額方式があります。

 会社の純資産をベースにした評価方式と、

 類似する業種の上場会社の株価から、比準して評価する方式の

 2つです。


●この2つの方式、多くの場合は、類似業種比準価額の方が低く
 なります。

 上場会社と、利益や純資産、配当を比較するわけですから、
 どうしても見劣りして、自社の株価が低くなってしまうでしょう。

 また、上場会社の株価も、日本は意外と低くなっているので、
 (昨今は上がってきましたが...)

 自社の株価も低く評価される、ということなのでしょう。


●ということで、相続税や贈与税などはもちろん、多くのケース
 では、株価は低く評価された方が、都合が良いでしょう。

 そこで、できるだけ類似業種比準価額で、評価したいところで
 す。
 どちらの評価方法で評価するのかは、実は会社規模によって
 決まってきます。

 会社規模が大きいほど(上場会社に近くなるほど)、類似業種
 比準価額で評価することができるようになるのです。

 会社の規模によって、類似が何%、純資産が何%で、折衷評価
 せよ、という決まりになっています。


●では、類似業種比準価額で評価するには、どの位の規模の会社
 になればいいのでしょうか?

 まずは、社員が100人以上いれば、100%類似業種比準価額で
 評価することができます。

 もし、純資産価額の方が低ければ、そちらで評価することもで
 きます。

 パートやアルバイトなどは、社員換算して社員数を計算します。


●社員100人未満の会社については、社員数の他、総資産の額や
 売上高で、会社の規模を判定していきます。

 この会社の規模が、どのランクになるかによって、評価方式、
 類似と純資産の折衷割合などが、決まってくるのですね。


●その中で、わかりやすい基準を1つだけ言っておきます。

 年間売上が、卸売業で80億円、それ以外の業種では20億円

 以上あれば、100人以上の会社と同様に、100%類似業種比準価額
 で評価することができます。
 

 ですから、20億円以上の会社になれば、株価が低くなる、と

 考えて、是非、それを1つの目安として頑張って欲しいですね!

 
━【セミナーのご案内】━━いよいよ明日です!━━━━━━━━

■「経営者は自信を持って銀行と交渉せよ!」
   
   資金繰りコンサルタント 田中 範男 氏

  東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部(TMBC)2月例会
     http://www.tmbc.co.jp/
──────────────────────────────

 2月のTMBCは、中小企業経営者に是非、聞いていただきたい
 講演会を行います。

 それは、多くの中小企業が悩んでいる「資金繰りの問題」です。

●銀行交渉が苦手:銀行に異常なくらい気を使う。本音が言えない。
●資金繰りが厳しい:その原因をつかんでいない。だから銀行と交
          渉ができない。
●先行きに対する不安:資金繰りの心配が多く、売上・利益対策が
          できていない。→本末転倒!

 上記のお悩みはないでしょうか?もし、あるようでしたら、是非、
 今回の講演会にご参加ください。講演会が終わる頃には、スッキ
 リしているはずです。何だかやっていけそうな気になってくる、
 自信が湧いてくる講演会です...

 ★詳細・お申込み → http://www.tmbc.co.jp/schedule/

 
●日時:平成27年2月17日(火)     
     18:00 受付開始 
     18:30~19:50 講演会
     20:00~21:30 懇親会・名刺交換会

●場所:講演会 ホテルローズガーデン別館2Fローズルーム
    懇親会 本館2F「レストラン・チャオ」
     http://www.tmbc.co.jp/schedule/
     丸の内線「西新宿」駅1分 西新宿8-1-3
     TEL:03-3360-1533

●一般参加費:講演会のみ参加    5,000円
       講演会・懇親会参加  8,000円       
 ※初参加者特典:講演会・懇親会  5,000円
 
 ★お申し込みはこちらから → http://www.tmbc.co.jp/schedule/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に
 貢献する。

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの
  中小企業が、「強い会社」・「儲かる会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
  お気軽にメールください。必ず返信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )       ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記> 
 
 メルマガをやったり毎月会社でニュースレターを出したり、雑誌
 の原稿を書いたり、最近ものを書くことが大変多いです。これが
 なかなか書けない時も多いものです。ヤル気にならなかったり、
 何を書いていいか悩んでいたり、ついつい後回しにしてしまった 
 り...。

 でも、これだけやっていると、秘訣がわかってきました。それは、

 とにかく書き始めることです!手をつけることですね!

 やり始めると、やる前に考えていても出てこなかったことが、
 どんどん出てきたりして、意外と書けるのです。書けないと思っ

 ていたことも、書けてしまうものです。

 これは自分の中では、結構教訓になっていて、メルマガや原稿
 だけでなく、他の仕事においても、とにかくまず手をつける、
 やり始める、ということが大事だな、仕事を進めるコツだなと
 思います。

 まあ、これは自分のやり方ではありますが、もしそうかもと
 思ったらやってみてください。簡単です。やり始めればいいの
 ですから。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です