東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第294号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2009/06/22(第294号)「B/Sはシンプルに、P/Lは細かく(2)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2009/06/22(第294号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 追加経済対策の中の、2009年度税制改正法が6/19にようやく成立しま
 した。
 もう、何度も新聞には出ているので、皆様ご存知かと思います。

 1.住宅購入の際の贈与 500万円の非課税枠追加

 2.中小企業の交際費非課税枠 9割まで損金算入できる限度額を
  400万円から600万円に引き上げ

 3.研究開発費の税額控除 法人税の3割上限を4割に引き上げ。
  また、控除できない場合の繰越期間を最長3年に

 上記、使える順番かなと思います。

 贈与は、500万円あるとかなりこの範囲で使うことはできるのでは?
 
 交際費は、この時期それ程増やす会社はないかとは思いますが、
 既に超えているところは、助かりますね。

 研究開発費は、どちらかというと大企業向けで、あまり中小企業
 では、使っているところは少ないのでは...?


 ということで、早速「実践!社長の財務」いってみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■□  B/Sはシンプルに、P/Lは細かく(2)
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●B/Sは、できるだけ科目を少なくした方がいい、という話を
 先週しました。

 質問もありましたが、
 もちろん、現状のまま少なくしろ、ということではありません。
 
 B/Sの中身を変えて、仮払金や立替金、貸付金などは、回収なり
 精算なりして、できるだけ発生させないようにして、科目を減らして
 いく、という意味です。

 これらを集約して1つの科目にしろ、という意味ではありません
 ので、ご了承ください。


●さて、B/Sはできるだけシンプルな構成にしていくのが美しい
 のですが、P/Lは、もっと短期・現実で使うものです。

 すなわち、毎月なり、毎日なり見て、現状を把握するとともに、
 どのように変えていかなければならないのか、それを検討して
 対策を立てて、実行するためにP/Lはあるのです。

 したがって、P/Lは、

 1.まず、現状がよくわかるように出す

 2.対策を立てやすく、実行した結果がわかるように出す

 必要があります。

 そのためには、どうしてもある程度は細かくなります。
 どの科目には、どういう費用が入っているのか、それがわかり
 やすくなっている必要があります。


 そのために科目を増やすこともありますし、

 一般的な科目名ではなく、自分たちがわかる科目名を、独自に
 考えてつけることもあります。

 そして、会社全体だけでなく、部門ごと、商品ごと、営業所ごと
 などに分けて出すことも必要かも知れません。


●要はP/Lは、毎日、毎月、使いこなすことが大事です。

 したがって、使う方からどんどん、リクエストをして使いやすい
 P/Lを作っていくことが大事ではないでしょうか?

 経理や経営者主導だけでは、本当に使えるP/Lはできないかも
 知れません。

 決算の時など、外部向けの資料を作るときは、科目を集約して
 損益計算書を作ればいいのですから、月次は、実務を重視して
 やった方が良いと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 最近、少し痩せようと毎日体重を計って、カレンダーにつけています。
 つけるだけで、痩せるということで、やはり少し効果はありますが。
 1~2キロ痩せましたが、それ以上は、つけているだけではダメなのか、
 一進一退になってしまっています...やはりカンタンではないですね!


メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です