東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第284号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2009/04/13(第284号)「ステップ9:常に見直し、見直しでB/S・P/Lを徹底的に良くしていく」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2009/04/13(第284号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 政府・与党が、追加経済対策(危機対策)を決定しましたね。
 早ければ4月末にも、成立しそうです。

 その中で、税制改正は主に3つあがっています。
 1つは、贈与税を、住宅の建設や増改築に限って500万円非課税に
 する案です。基礎控除も入れれば610万円まで、非課税で贈与でき
 るということですね。

 2つ目は、研究開発税制。現在法人税の30%が限度ですが、これを
 40%まで控除できるようにしようと。ただ、昨今、法人税が出ない
 会社も多いですので、控除できない場合の繰越を、1年から3年に
 延ばそう、ということもあがっています。

 そして、3つ目は、中小企業の交際費の非課税枠の拡大です。
 現在400万円まで、その9割が損金算入できますが、
 これを600万円まで、9割損金算入=540万円 できるように
 変えるようです。

 ただ、内容的にはあまりインパクトがあると思えませんね。
 住宅資金については、精算課税もありますし、研究開発税制は
 中小企業ではあまり使えないし、この不景気で交際費もあまり
 使わないでしょうし...

 本当は繰戻し還付などを、もう少し広げてくれるといいのですが...

 ということで、早速「実践!社長の財務」いってみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  <高収益企業への9ステップ>
■□  ステップ9:常に見直し、見直しでB/S・P/Lを徹底的に
■■        良くしていく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●9ステップの最後です。

 ただ、自分で言うのも変ですが、最後にしては、あまりインパクトが
 あるものではありません。(笑)

 常に、B/S・P/Lを見直し、見直しして、どうしたら高収益の
 会社になるか、内部留保を貯めていくことができるか、改善策を
 考え、それをコツコツやっていくしかない、と思います。

 毎月、毎月、毎年、毎年、あるいは毎日、毎日、数字をじっくり
 にらみながら、どうしたら良くなるかを考え、コツコツ実行する
 しかないんだろうと、正直思います。


●これは、どんなことでも一緒だと思いますね。

 日々の努力が、1日1日、毎月毎月は、大したことなくても、
 これが積み重なっていくと、ものすごいことになっていくんですね。
 企業経営にしても、技術にしても、芸術、音楽にしても、例外は
 ないと思います。

 皆様も、経験があると思いますし、いろいろ見てもいると思います。
 大企業の多くも、最初は小さい会社から始まったはずです。

 それが大きく成長してきたのは、夢や目標、志があったことと、
 毎日の努力の掛け合わせでしかないのかと思います。


●私どもの顧問先でも、未上場ですが、ものすごく収益力が高く、
 内部留保のある会社(自己資本比率80%以上)があります。

 創立30年くらい経っていますが、その内の25年くらいは
 おつき合いさせていただいています。

 25年前は、まだ大した会社ではありませんでした。
 ちょうど利益の出始めた頃で、税金を払うのに、役員会で
 スッタモンダして、大変な時期でした。

 何とか税金をきちんと払ってもらうようにし、毎年毎年、
 今年はダメかも、などといいながらも、着実に利益を上げること
 ができ、その都度、多額の税金を払ってきました。

 どちらかというと水商売的な、当たればいいが、という仕事
 なのですが、その危機感があったからこそ、派手なことはせず、
 毎年毎年コツコツと、内部留保をためてきました。

 今では、中小企業ではありますが、何と100億円以上の余裕資金
 が、できている会社になっています。
 毎年の積み重ねというのは、本当に大きいものがあるなと、
 この会社を見ていて、つくづく思う次第です。


 企業経営のノウハウというのは、いろいろなものがあると思います
 が、最大のコツは、この「コツコツ」では、ないでしょうか?
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 WBCの影響もあって、プロ野球を見たいなと、思うのですが、
 民放では、あまりやっていないんですね...視聴率悪かったから
 やめているんでしょうが、今年は見たい、と思っている人が多いのでは?
 結構、機会損失があるのではないかと思ってしまいます。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です