東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第282号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2009/03/30(第282号)「ステップ7:売上最大、経費最小を実践する」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2009/03/30(第282号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 先週27日、2009年度の税制改正関連法が成立しましたね。
 昨年は、ねじれ国会の影響で1ヶ月成立が延びましたが、今年は
 スンナリと決まりました。
 
 やはり中小企業にとって大きいのは、法人税の軽減税率4%下げと、
 欠損金の繰戻し還付でしょう。
 2月決算法人から、欠損の場合は、前期の法人税を取り戻すことが
 できます。

 しかし、意外と残念なのが、中小企業(資本金1億円以下)の企業
 しか使えないことですね。資本金が1億円超えていても、中小企業
 という会社は多いし、資本金2~3億円クラスの会社が、結構厳し
 かったりするものです。

 また、資本金が1億円を超えると、人材投資促進税制が使えなかった
 り、結構不自由なことが多いですね。

 別な法律では資本金3億円まで中小企業との定義もあり、税法でも
 このくらいの基準まで引き上げた方が良いと思うのですが...


 ということで、早速「実践!社長の財務」いってみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  <高収益企業への9ステップ>
■□  ステップ7:売上最大、経費最小を実践する
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「売上を最大にし、経費を最小にする。」これはこのメルマガでも、
 何度も書いたと思います。

 京セラの創業者・名誉会長である稲盛和夫氏の言葉です。

 本当にシンプルな言葉ながら、利益を上げるためには、これほど
 示唆に富んだものはない、含蓄のある言葉だと思っています。


●企業は利益を上げなければ、存続することができません。
 しかし、だからと言って、「利益、利益!」と追求し過ぎると、
 嫌われる企業になってしまいます。

 お客様、お得意様から嫌われてしまっては、本末転倒、
 これまた利益を上げるところから、ほど遠くなってしまいます。

 また、何が何でも利益追求だ、という雰囲気が社内にあれば、
 社内の人間関係すらギスギスしてくるでしょう。


●利益をあげることは、企業にとって必要だが、それを目的に
 あからさまに追求してはいけない。

 利益を上げるには、売上を最大にして、経費を最小にする努力を
 すればいい。そうすれば、結果として、利益はついてくる。

 この「結果として、ついてくる」ということが大事だと思います。


 売上を最大にするには、お客様にトコトン役に立って、何度も
 リピートをもらえるように努力すること、です。

 経費を最小にするには、社員全員の努力で、無駄な経費を省くこと、
 創意工夫してコストの削減を徹底的に行なうこと、です。


●そして重要なのが、売上と経費を連動させない、ということです。

 売上を増やすためには、経費を増やさなくてはいけない、という
 考えを捨てることです。

 売上を増やすには、広告費をかけなければいけない、販促をしなけれ
 ばいけない、人を増やさなければいけない、拠点を増やさなければ
 いけない・・・・

 などなど、売上を増やすためには、経費をかけるのが当然、
 という考え方をやめることですね。

 これをやっていたら、いつまで経っても儲からないし、経費が先行し、
 思惑がくるえば、赤字に転落してしまいます。

 むしろ、経費を減らしながら、売上を増やすくらいの発想ができな
 ければ、なかなか高収益体質の企業を作っていくことはできない
 でしょう。


●今は、インターネットから、高度に進んだ物流や、外注サービス
 など、たくさんあります。

 これらを駆使することによって、経費をかけずに売上を上げる
 方法は、いろいろあるのではないでしょうか?

 それを考えていくことが、企業の成長発展に直につながっていく
 ことになります。


 是非、売上最大、経費最小を、御社の場合はどのように実現する
 のか、考えてみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 家の私の部屋の一辺は、床から天井まで全面書棚になっているので
 すが、土日に、これをかなり綺麗に片付けました。
 本当にいらないものがたくさんあるんですね。何年も経つと...

 特に下の段は、前にソファーが置いてあり、隠れているため、
 何年も前の不要なものがホコリをかぶっていました。
 かなり思い切って捨てました。

 使わないもの、不要なものは、あるだけでマイナスの波動を出す
 そうです。そんな本を読んで、早速実行したのですが、確かに
 スッキリして、いい気が漂ってきたような気がします。

 ということで、今週は、気持ちのいい新年度が迎えられそうです。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です