東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第280号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2009/03/16(第280号)「ステップ5:数字を公開する」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2009/03/16(第280号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 今日は、編集後記に書いてあるものを見ていたら、遅くなって
 しまいました。

 ということで、早速「実践!社長の財務」いってみたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  <高収益企業への9ステップ>
■□  ステップ5:数字を公開する
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●今日は、高収益企業へのステップ5「数字を公開する」です。

 どこに公開するか...それは社員です。
 ステップ1~4のことができていれば、社員に公開する準備が
 整ったと言えます。

 もちろん、それ以前に公開しても構わないのですが、
 やはり公開するには、その数字のバックボーンや見方がしっかり
 していないと、変な誤解を招きかねません。

 数字がいい、悪いは別にして、公開することに経営者は自信を
 もって公開しなくてはなりません。


●数字を公開するのは、一緒に経営をしていく仲間として、
 社員を認める、信頼することだと思います。

 社員もそれを意気に感じ、やる気を増してくれるはずです。

 そして、公開しただけではなく、その数字をどのようにしたら
 良くしていくことができるのか、皆で考えることが大事です。

 全員経営ですね。
 やっている会社にとっては、当たり前のことかも知れませんが、
 やっていない会社は、これをすることによって、会社の雰囲気
 は、ガラリと変わると思います。


●どこまで、どのように公開するかは、それぞれの会社の
 やり方でいいと思います。段階を踏んで公開していく方法も
 あるかと思います。

 ただ、どうせ公開するなら包み隠さず公開した方がいいと
 思います。一部だけだと、隠しているようですから...

 ただし、給与の扱いだけは注意した方がいいですね。
 個々の給与までは公開する必要はないと思いますし、公開する
 悪影響もどうしても出てしまいます。

 給与は会社全体の合計、あるいは部門別の合計くらいまで
 公開すれば良いのではないでしょうか?


●京セラのアメーバ経営では、給与を入れないところで、
 部門別採算を計算します。

 そして、部門別採算をその部門の総時間数で割ることにより、
 「時間当たり採算」を出します。

 それを、部門別利益の評価尺度にしているのですね。
 「時間当たり採算」から、社員の平均時給を差し引けば、
 実際の利益は計算できます。

 このような数字の使い方もあるのです。
 要は、その数字を見てどう判断し、その結果どう動いていく
 のか、ということが大事なのです。

 それがうまくできる方法を、是非、皆様の会社も独自に
 考えてみてはどうでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【おすすめ書籍】━━
■小さな会社、はじめての「経理」の仕事
  著者: 税理士 森 康博  出版社:すばる舎
  http://www.subarusya.jp/mamonaku/mamonaku.html
   間もなく発売の本・・・一番最後に出ています。
──────────────────────────────────
 著者の税理士森さんは、以前、当社の社員でしたが、今は独立して
 事務所をやっています。ただ、今でも何件か一緒に仕事をしている
 仲間です。

 この度、経理の初心者向け、書籍を出版されました。
 4月から入ってくる経理の新卒社員などには、うってつけの本です。
 簿記だけ知っていても、経理の仕事はできません。

 やはり、実務・現実の世界を知らないといけないですね。
 そんな経理の実務的なことが、とてもやさしく書かれているのがこの
 本です。

 森さんは、月刊「経理ウーマンの」実務講座を6年連載、そして
 オールアバウトの経理のガイド役をやっており、人気者なのです。
 ⇒ http://allabout.co.jp/career/accounting/profile/mbiopage.htm
 是非、こちらも覗いて見て下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 今日は朝から、WBCキューバ戦がやっていますね。
 気になって携帯見ながら書いてます。現在3-0、是非、このまま
 突っ走って欲しいですね!

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です