東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第272号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2009/01/19(第272号)「経営安全率を高めるには?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2009/01/19(第272号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 消費税増税の方針を、税制改正関連法案の付則に記載するかどうかで、
 ずい分もめていますね。与党は記載する方針になったとのことですが、
 まだまだ、法案が通るかどうかはわかりません。

 消費税増税はいずれは必要かと思いますが、景気の動向に応じて判断
 するということであれば、財源としては書いておいてもいいのかと
 思います。

 それよりも、所得税の最高税率を上げる、というような中期方針も
 出ていました。私はそれの方がどうか? と思っています。

 せっかく最高税率が下がってきて、高額所得者の不満も解消されて
 きたところですが、ここでまた上げるとなると、彼らのモチベーショ
 ンがまた下がってしまうのではないかと、そちらの方が、経済成長率
 に影響があるのではないかと思ってしまいますが...
 

 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■□  経営安全率を高めるには?
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●先週、経営安全率を高めていくことが、不況抵抗力をつける
 一番の指標になる、というような話をしました、

 経営安全率とは、経常利益/粗利益 の式で表されます。

 先週の例を、再度、掲げておきます。

  ・粗利益   100
  ・固定費 
    人件費   50
    経 費   35
    固定費計  85
   ─────────
   経常利益   15

            経常利益
  経営安全率 = ──────── = 15%
            粗 利 益


●この経営安全率の目標は、上記のとおり、15%以上です。
 15%以上あれば、3割・4割の売上減に耐えていくことが
 できます。(先週説明したとおり)

 では、それを目指すためにには、どのようにしたらよいのでしょうか?

 上記の数字だけ見れば、単純ですね。
 固定費を、粗利の85%以内に納めればいいのです。

 固定費の中には、大きく分けて、人件費と経費があります。

 それぞれについて、粗利の何%で納められるか、まずはこれを
 考えてみます。


●粗利に対する人件費の割合は、労働分配率といいます。
 これは通常は、40%~60%と言われています。

 しかし、業種・ビジネスモデル・経営方針などによって、分配率は
 変わってきます。
 自社のやり方からすると、分配率は何%にするのか、なるのか、
 まずは、それを考えておくことです。

 そして、残った範囲内の経費で事業が回っていくよう、最大限の
 努力、創意工夫をしていくことです。

 結果として、経営安全率が何%になった、というのではなく、
 ある程度、意図して経営安全率を残せる「収支モデル」を作っていく
 ことが大事ではないかと思います。


●もちろん、15%は大変高い数字なので、思ったような数字には
 できないかも知れません。

 最初は5%でも、8%でもいいと思います。
 大事なのは、大括りで、粗利を稼ぐための経費がどのように
 使われているか、それを知ることです。

 そして、経営安全率の高い会社にするためには、人件費はどの位、
 経費はどの位に納めなければならないのか、それを知ることです。

 また、人件費・経費が最低限これだけは必要だ、と言うのであれば、
 それに見合う粗利益はいくらなのか、それを知ることです。

 これらの数字を知った上で、その数字に近づけていくための
 最大限の努力をしていく、ことです。
 数字を知らなければ、そこまでの努力はできないのではないかと
 思います。

 まずは、自社の数字を知ることが、大事なことですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【新春セミナー案内】━━

■平成21年度税制改正の目玉「事業承継税制」セミナー■

 ’相続税が80%猶予!’どのような手順が必要か?
 
  講師:「実践!社長の財務」発行者/税理士 北岡 修一
──────────────────────────────────

 昨年の10月から、中小企業経営承継円滑化法が施行され、それに
 伴ない、事業承継税制も整備されました。

 今まで、同族会社の株式の相続は、評価が高くなり、換金もでき
 ないということで、大変厳しいものがありました。だからこそ、
 生前の相続税対策が重要だったのです。

 ところが今回、非上場の同族会社の株式について、80%の相続税
 を猶予するという改正がされています。そのスタートが昨年10月以降
 の相続となります。これは中小企業にとって、本当に朗報ですね!

 しかし、これを適用するにはいろいろな条件があります。
 また、すべての80%ではなく、発行済み株式総数の2/3まで
 しかも後継者が持っているものも含めて、ということですので、
 どのように活用するかは、工夫する、知恵を使う必要があります。

 それを、このセミナーでお伝えしていきたいと思います。
 是非、同族株式の相続でお悩みの創業者の方、後継者の方、ご参加
 ください。

 また、セミナー後、懇親会などもやろうと思っていますので、
 是非、皆様方とお会いして、お話しするのも楽しみにしています。

 開催要領は下記のとおりです。では、当日お待ちしております。
 

 ●日時: 平成21年2月6日(金)
       受付開始14:30 セミナー15:00~17:00
       17:30~ 希望者 懇親会

 ●会場: ホテルローズガーデン新宿 別館2F
       丸の内線「西新宿駅」1番出口1分

 ●参加費:セミナー参加費 5,000円(税込み)
      懇親会参加費  5,000円(税込み)

 ★詳細・お申込みは、こちらから↓
    → http://www.tm-tax.com/seminar/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 昨日は、久しぶりに見たテレビの全日本卓球に見入ってしまいました。
 面白かったですね。女子の決勝など、ものすごく長いラリーが何度も
 あってスリル満点でしたね。また、その後に見た男子、これは女子と
 また趣が違って、ものすごいスピード感、よくあれだけの速さについて
 いけると感心しました。若手が台頭してきているし、日本の卓球、結構
 いい線にいくのではないか、と思いましたね。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です