東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第269号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/12/29(第269号)「絶対に数字を操作しない」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/12/29(第269号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 今年最後のメルマガになりました。
 いよいよ残すところ今年もあと3日。先週末あるいは今日で仕事納め
 になる会社がほとんどかな、と思います。

 皆様、本年1年いかがでしたでしょうか?
 後半、あるいは残り3ヶ月で大変な状況になってしまった会社も
 多いかも知れません。

 しかし、ここでしばし1週間の休憩。しかも年末年始、じっくりこれ
 からのことを考えられる時期ですね。

 今は辛抱の時期かも知れませんが、抜けないトンネル、去らない嵐は
 ないはずです。
 夢や目標に向かって、どうしたら実現できるか、考えに考え抜くこと
 が大事です。鮮明に達成までの道筋がイメージできるまで...

 それを、じっくりできるのが、年末年始だと思います。
 その時に大事なのが、私の尊敬する稲盛和夫氏の言葉、

 『動機善なりや、私心なかりしか?』 です。

 自分の利益、都合のいいことばかり考えて、いくら目標達成の道筋を
 描いても、決して真の成功はしないはずです。

 私心なく、お客様のため、社員のためになることを考えてこそ、
 結果として目標を達成することができるのでは? と思っています。

 私も、それ程立派なことを言える人間ではありませんが、だからこそ
 上記の言葉を、少しでもできるよう、自分に言い聞かせていきたいと
 思っています。

 是非、皆様よいお正月をお迎えください。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■□  絶対に数字を操作しない
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●経営者、特に中小企業の経営者の方は、「絶対に数字を操作しない」
 と、決めてはいかがでしょうか?

 私は、自分の会社については、そう決めています。


 操作と言っても、不正ということではなく、決して法律に違反する
 ようなことばかりではありません。

 決算の時に、どうしても赤字にしたくないので、先に納品させて
 もらって売上を立てたり、計上すべき未払金などを計上しないで
 費用を過少計上したり、今までやってきた会計処理の方法、評価
 方法を今期だけ変えたり、会計処理の方法で合法的な範囲内で、
 やれることはいろいろあります。

 ですので、決して違法なことばかりでは、ないのですが、
 利益を調整する目的で、そのようなことはしない方が、いいのでは?
 ということです。


●赤字になったら、赤字のまま、ありのままの月次あるいは決算を出す。
 社長にしてみれば、社員の目、銀行の目、株主の目、そして取引先
 などに決算書を出す場合もあり、これらの目が気になるわけです。

 だから操作をして、何とか繕うわけですね。

 社員の前では赤字の決算書を出すのは、社長としてはとても嫌なこ
 とです。
 社長の能力を疑われるかも知れませんし、社長が尊敬、信頼されな
 くなる可能性もあります。また、社員のモチベーションも下がるか
 も知れません。

 でも、それが現実なのですから、繕ってもしょうがありません。
 むしろ皆で危機感を共有して、今の状態を脱却すべく力を結集した
 方がいい結果がでると思います。
 社長はその位の自信、覚悟を持っていないといけないですね。


●一番、経営者がネックにするのは、対銀行です。
 赤字にするとお金が借りられなくなる、あるいは返済を迫られる、
 という恐怖の観念をもっている社長が多いです。

 「赤字だって借りられますよ。社長が銀行に今の状態、将来の
  計画、戦略をきちんと説明すれば...」

 と言っても、今の状況、そう甘くはないですね。

 私は幸いなことに、あまりお金を借りる必要がない業種ですし、
 今の法人になって借りたことはありませんから、正直、社長の
 気持ちは、わからないかも知れません。

 でも、決算書を操作して、取り繕ってまで、借りたくはありませんね。
 借りられなかったら、借りられないなりの経営をしないといけない
 と思います。
 簡単に言っていますが、それには様々な創意工夫、限界までの努力
 をしないといけないとは思いますが。


●先ほども書きましたが、稲盛和夫氏がテレビ出演した時に、アナウ
 ンサーから、「経営理念を曲げざるを得ないときもあるかと思いま
 すが、その時はどうされるのですか?」というような質問がありま
 した。

 それに対し、稲盛和夫氏は、「経営理念を曲げなければならない
 のであれば、その時は会社をつぶします。経営理念を実現すること
 が会社の目的、存在意義なのに、それを放棄するのであれば、会社
 をやる意味はありません。」

 のような(うろ覚えなので、かなり北岡流の言い方になっていると
 思いますが)返答をされました。

 本当に、真の経営者はその位の覚悟なのですね。
 自分の信念、理念、を曲げるくらいなら、やる意味はないと...

 私は、経営者はこれを見習うべきだと思います。
 自分の信念、価値観は一体何なのか?

 正しいことをして、世の中の役に立っていこう、ということで
 あれば、決算書を正直に作っていく、というのは最低限のことでは
 ないかと思うのですが。

 そして、決算書を正直に作り続けている会社は、例外なくいい会社
 になっています(私の知っている限り)。
 その場だけ取り繕っている会社は、いつまで経ってもその程度の
 会社でしかありません。あるいは、もうなくなってしまっています。

 それが、結果です。


 ということで、本年最後となりましたが、私がこの職業を行なう
 ものとして、常に思っている根底のことを書きました。

 是非、多少でも理解していただける人と、仕事をやっていきたいと
 思っています。

 また、来年も何卒よろしくお願い申し上げます。
 良いお年をお迎えください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【セミナー案内】━━
■平成21年度税制改正 事業承継税制セミナー 

  相続税が80%猶予!どのように手順を踏んでいくのか、詳細解説します。
 
  講師:「実践!社長の財務」発行者/税理士 北岡 修一
──────────────────────────────────

 昨年の10月から、中小企業経営承継円滑化法が施行され、それに
 伴ない、事業承継税制も整備されました。

 今まで、同族会社の株式の相続は、評価が高くなるわ、換金はでき
 ないわで、大変厳しいものがありました。だからこそ、生前の相続
 対策が重要だったのです。

 ところが今回、非常表の同族会社の株式について、80%の相続税
 を猶予するという規定が入ります。
 これは中小企業にとって、本当に朗報ですね。

 しかし、これを適用するにはいろいろな条件があります。
 また、すべての80%ではなく、発行済み株式総数の2/3まで
 しかも後継者が持っているものも含めて、ということですので、
 どのように活用するかは、工夫する、知恵を使う必要があります。

 それを、このセミナーでお伝えしていきたいと思います。
 是非、同族株の相続でお悩みの創業者の方、後継者の方、ご参加
 ください。

 セミナー後、懇親会などもやろうと思っていますので、
 是非、皆様方とお会いして、お話しするのも楽しみにしています。

 開催要領は下記のとおりです。では、当日お待ちしております。
 

 ●日時: 平成21年2月6日(金)
       受付開始14:30 セミナー15:00~17:00
       17:30~ 希望者 懇親会

 ●会場: ホテルローズガーデン新宿 別館2F
       丸の内線「西新宿駅」1番出口1分

 ●参加費:セミナー参加費 5,000円(税込み)
      懇親会参加費  5,000円(税込み)

 ★詳細・お申込みは、こちらから↓
    → http://www.tm-tax.com/seminar/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 当社は、26日で仕事納めでした。最後は、1日かけて大掃除と
 ファイル整理。毎日掃除はしているのですが、やはり大掃除となると
 まだまだやるところが一杯ありますね。

 うちの会社では、ブロークンウインドウ理論の話をたまにして、
 5S委員会などを作って、社内をきれいにすることを心がけています。

 きたないところには、きたいないもの、良くないものが集まってくる。

 破れたガラスを放置しておくと、部屋がどんどん汚くなり、人の心が
 すさんできて、荒れた職場になる。その結果、ミスや不正が増えていき
 会社の業績が悪くなる・・・これがブロークンウインドウ理論です。

 犯罪が多く、悪名高かったニューヨークの地下鉄も、落書きを消したら
 犯罪も減り、快適な環境になったそうです。

 また、自転車のカゴ理論というのもあり、放置自転車のカゴにゴミが
 1つ入ると、どんどんゴミが投げ捨てられて貯まっていくそうです。

 きたないものは、きたないものを呼びますが、これをきれいにすれば
 きれいなもの、いいことが寄ってくるんですね。

 私どもも様々な中小企業に訪問しますが、業績の良くない会社は、
 正直、会社がきたないです。これはかなり正比例していますね。
 (あまりきれいではないけれど、業績のいい会社がありますが、
  そこは、社員の元氣が驚くほどいいので、それを打ち消している
  のでしょうか?)

 むしろ、会社がきたないから業績が悪いのでは? と思いますが、
 これはかなり当たっていると思います。
 常に会社をきれいにしておこう、という皆の気持ちが1つにまとまって
 決められたことをきちんとやる社風、整理整頓された中でやる仕事は
 クオリティが高くミスが少なくなります。

 ですから、会社をきれいにすることは、業績を良くすることと直結
 していると思います。
 是非、皆様の会社もそのような考えで、清掃、整理、整頓に取り組んで
 みてはいかがでしょうか?

 今日は、休みなのでちょっと長くなってしまいました。
 来年もよろしくお願いいたします。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です