東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第268号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/12/22(第268号)「不況の時にどう対処するか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/12/22(第268号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 国家の予算案が出ていますね。もの凄い金額になりそうです。
 こういう時期ですから、財政出動も必要ですのである程度の理解は
 できます。
 消費税の増税も必要だと思います。

 しかし、忘れて欲しくないのは特殊法人なども含めた行政改革ですね。
 これだけはきちんとやってもらい、無駄な支出、不必要な支出は
 断固として減らして欲しいですね。これをやらない限り、消費税の
 増税は、心から納得はできないでしょう。

 民間の会社の場合は、今日の本文に書いてますように、まずは
 徹底的な経費節減から入るのですから...


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■□  不況の時にどう対処するか?
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●不況、不況とあまり言っているのも、決して良くはないのですが、
 現実、回りの中小企業を見ると、本当に厳しい状況になっています。

 不動産・建設業は、不況の発端ですので、言うまでもありません。
 まだまだ、不動産・建設と言っただけで融資は降りないは、カード
 ローンすら断られてしまいます。

 製造業も、大メーカーの減産の影響をもろに受けます。
 中小の下請けは、さらに厳しく、元請メーカーに在庫がある分、
 減産以上に、受注が減ってくる、という厳しい状態にあります。

 このような状況下で、不況ムードが伝わってきますので、消費者の
 財布の紐もしまり、小売店や飲食業なども厳しくなってますね。


●そんな中、どんな業種がいいのだろうと、見回してみると、
 たとえば、塾などはあまり影響を受けていないですね。

 さらには、アニメやちょっとした娯楽関係、医療や介護なども
 不況だから落ちている、ということはあまりないようです。

 そうですね。子供や教育関連、そして不況だろうが何だろうが、
 生活に最低限必要なもの、というものは、あまり落ちることはない
 ということでしょう。

 本当に、必要なものを扱っている業種は強い、ということですね。
 ちょっとした贅沢や、なくても大丈夫、というような商品・サービス
 は、不況になるとカットされやすい、落ち込みやすい、ということが
 いえると思います。

 その点も考えて、事業内容を構築しておくことも、考えておくと
 良いかも知れません。


●ところで、このような不況で業績が落ち込み、赤字になる、資金
 繰りが厳しくなっている時は、どうしたらいいのか?

 まずやらなければいけないのは、原価や経費を徹底的に節減する
 ことですね。
 収入が減るのですから、出費も減らしていかなければ、即赤字、
 資金難になってしまいます。

 これは、社員全員の知恵をしぼってやるべきことです。

 最も大きい経費である、人件費を節減する、リストラするなんて
 いう動きが大きく報じられていますが、これは最終手段でしょうね。

 安易にやるべきではないと思います。

 ましてや臨時雇いの人を切って、寮もすぐに出て行け、なんて
 報道がありますが、もの凄く冷たい会社だと思いますね。
 後に入る人はいないのでしょうから、住む場所くらいは猶予を持って
 提供してあげればいいのに...と思います。

 
●人件費の削減に関しては、リストラよりも、全員の給与の一律カット
 の方が、まだいいと思います。
 皆で協力して、この苦境を乗り切ろうと、一定期間給与を皆でカット
 する、そして全社一丸で頑張る、という方が会社の力になるのでは
 ないでしょうか?

 先週行った当社の顧問先も、いい会社なのですが、この不況で売上が
 急激にダウンし、絶対に赤字にはしない、という社長の強い意志の元、
 断腸の思いで給与カットをすることになりました。

 もちろん、社長以下役員が率先して、30%~50%の給与ダウンをします。
 そして、社員にも一律10%のダウンをお願いしました。

 管理部門から、営業部門への人事異動もありましたが、リストラは一切
 なしです。
 皆の士気はどうかはわかりませんが、決して悪い雰囲気ではなかった
 です。

 伸びている時もいい会社だと思いましたが、苦境の時も、いい会社だな、
 と思います。
 きっと復活してくれることでしょう。


●そして、次には全員営業です。
 先ほどの会社もそうですが、好調の時に安易に膨らんだ管理部門の社員
 を、営業や新規事業部門に回したり、全員で営業に回ることが大事です。

 営業というと、やみくもに営業しても・・・と思うかも知れませんが、
 私は「御用聞き営業」でもいいと思います。

 今までお客様と密接な信頼関係があれば、「○○のようなことで、お役に
 立てることはないでしょうか?」というような、ちょっとした提案、御用
 聞きをしてくることでいいと思います。

 社員全員で危機感を共有して、営業すること、これが会社全体を
 プラスの方向に向かわせていくことになると思います。


●長くなりましたが、あとは、経営の原点に帰ることが大事だと、これは
 常に思います。
 自社は、お客様に、世の中に何を提供するのか、どのような使命を
 持っているのか、これを追求していくことです。

 そのためにやるべきことを、不況の時に時間があるのなら、それを
 準備していく、より深めていくことを考え、強い意志で実行していき
 ます。

 この不況のときこそ、自社の理念に帰った経営が重要になるのでは
 ないでしょうか?

 是非、年末年始、あらためて自社の「理念に沿った経営、そのために
 やるべきこと」を考えてみてはいかがでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【セミナー案内】━━
■平成21年度税制改正 事業承継税制セミナー 

  相続税が80%猶予!どのように手順を踏んでいくのか、詳細解説します。
 
  講師:「実践!社長の財務」発行者/税理士 北岡 修一
──────────────────────────────────

 昨年の10月から、中小企業経営承継円滑化法が施行され、それに
 伴ない、事業承継税制も整備されました。

 今まで、同族会社の株式の相続は、評価が高くなるわ、換金はでき
 ないわで、大変厳しいものがありました。だからこそ、生前の相続
 対策が重要だったのです。

 ところが今回、非常表の同族会社の株式について、80%の相続税
 を猶予するという規定が入ります。
 これは中小企業にとって、本当に朗報ですね。

 しかし、これを適用するにはいろいろな条件があります。
 また、すべての80%ではなく、発行済み株式総数の2/3まで
 しかも後継者が持っているものも含めて、ということですので、
 どのように活用するかは、工夫する、知恵を使う必要があります。

 それを、このセミナーでお伝えしていきたいと思います。
 是非、同族株の相続でお悩みの創業者の方、後継者の方、ご参加
 ください。

 セミナー後、懇親会などもやろうと思っていますので、
 是非皆様方とお会いして、お話しするのも楽しみにしています。

 開催要領は下記のとおりです。では、当日お待ちしております。
 

 ●日時: 平成21年2月6日(金)
       受付開始14:30 セミナー15:00~17:00
       17:30~ 希望者 懇親会

 ●会場: ホテルローズガーデン新宿 別館2F
       丸の内線「西新宿駅」1番出口1分

 ●参加費:セミナー参加費 5,000円(税込み)
      懇親会参加費  5,000円(税込み)

 ★詳細・お申込みは、こちらから↓
    → http://www.tm-tax.com/seminar/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 今年、仕事をするのも、残り1週間程度ですね。
 考えてみれば、月末に1週間くらい休む、という違いはあっても
 同じ月末なのですが、年末というのはまったく気分が変わってくる、
 今年の総決算をしないと、と思ってくるのは不思議な感じです。

 そのようなけじめがないと、人間、惰性で流れていってしまうの
 でしょうね。その意味で年末、という行事は結構大事なことでは?
 などと思います。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です