東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第264号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/11/24(第264号)「月次決算のシンプルとは?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/11/24(第264号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 世界同時株安で、株価の乱高下はあるものの、ずい分低いところでの
 動きになってしまいましたね。

 このような時に、どう動くのか、人ぞれぞれですが、勇気のある人は
 この安い水準で買いにいっているようですね(もちろん、お金もない
 とできませんが)。
 時価純資産よりも株価が下がっている優良株であれば、本来は買い
 なのでしょうが、この心理の中で、なかなかそういう行動はできない
 ものです。

 また、きちんと見切って売るならまだしも、狼狽売りをするのは最も
 良くないことだと思います。

 そして、あとはじっと静観型。今は動きようもない、時間はかかって
 もいずれは戻るだろう、と信じて静観している人ですね。それが一番
 多いのかも知れません。まあ、私もそうですが...

 ただ、静観型でも、ポートフォーリオを替えるというのはあります。
 今はすべてのものが下がっていますが、回復基調になった時に、
 グーンと伸びそうな銘柄に変えていくのです。

 すなわち、伸びが鈍そうなものを売って、その資金で伸びそうなもの
 を買う、ということですね。
 こうすれば、投資総額は変えずに、中身だけをブラッシュアップする
 ことができます。

 ただ、一部のものを売ることによって、損が実現してしまう、という
 難点はありますが。でも、法人の場合にはこれが損金で落とせますの
 で、節税になるとも言えますね。
 個人も損益通算・繰越控除はあります。

 皆様はどうされますか?


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■□  月次決算のシンプルとは?
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●先週、「月次決算3S」というものを、紹介しました。

 スピーディー、シンプル、正確 の3Sですね。

 先週話したのは、「期日を決める」ということで、3Sの中の
 スピーディーに関することです。

 今日は、その中のシンプルについて、ちょっと考えてみたいと
 思います。


●シンプルというのは、単純とか簡単、ということですが、
 月次決算においては、ただ単純にやればいい、簡単にやればいい、
 ということではありません。

 シンプルには、2つあると思ってください。

 月次決算におけるシンプルとは、まずは、アウトプットのシンプルさ
 です。

 いろいろなものがゴチャ混ぜになった、難しいアウトプットを出すな、
 ということです。

 何をその表で知りたいのか、伝えたいのか、目的を持った表にして
 欲しい、ということですね。

 そのためには、作る方と、見る方が、よくコミュニケーションを
 とっておくことが大事です。

 経理の方は、経営者が何を見たいのかわからないから、
 ソフトの機能に頼って、何でもかんでも出してしまう、わかりづらい
 月次決算をしてしまうことがあります。

 これは、コミュニケーション不足が原因です。
 経営者も見たいものを伝えていない、のが問題です。


●アウトプットをシンプルに、と言うと誤解してしまうことが
 あるのですが、実はそこに至るにあたっては、詳細な処理をして
 おくことが大事なのです。

 ディティールは、きめ細かく、なのです。

 表面に出てくる部分は、シンプルなのですが、その裏側には
 詳細なところまでの処理が、施されている、

 月次決算は、そんな状態であることが望ましいのです。

 目的に合致したシンプルな資料というのは、経営者の脳を刺激
 します。

 すると経営者は、いろいろな疑問や気づきが湧いてきます。
 そうすると、経理担当者などに質問してきます。

 「この詳細は、どうなっているのか?」
 「これを、こうするとどうなるのか?」

 というように。

 このような質問に答えられなければいけません。
 そのためには、詳細なデータが整然と揃えられていなければ
 答えることができません。

 経営者から質問が来たときは、その質問に応じて、どんどん
 詳細までドリルダウンしていけるような月次決算ができて
 いることが大事なことです。

 そして、いつもされる質問には、別途フォーマットを作って
 言われなくても報告していくようにするのです。

 こういう経理の方がいると、本当に経営者は助かりますね。

 
●このような体制をどのように設計しておくか、というのが、
 もう1つのシンプルなのです。

 いかにシンプルで、必要なものの漏れがない、経理処理の体系
 を作っておくか、この元になる設計の部分が重要なのです。

 この設計の部分こそ、現場の方と、経営者の考えと、そして
 様々なノウハウを持っているプロの力が活きるところでは
 ないかと思います。

 私どもも、是非、このような仕事をやっていきたいな、と
 思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 いよいよ12月が近づき忘年会シーズンですね。
 もう既にかなりの忘年会が入ってしまいました。
 でも、その予行演習とでもいうべく、先週はほとんど毎晩何かがあり、
 ついに、足の親指が疼いてきました...ヤバイ...
 ということで、この連休は少し控えています。
 (何のことかわかる人は、経験ある人ですね(笑)

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です