東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第253号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/09/08(第253号)「全員経営をしよう!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/09/08(第253号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 日本も国際会計基準を導入する、という記事が先週の日経新聞に
 出ていました。
 会計のグローバル化ということで、退職年金会計や減損会計など
 ずい分と導入されてきたようですが、現状はまだまだ国際会計基準
 とは、かけ離れたところがあります。

 現実的には、2011年度以降の導入になるようですが、基本的には
 時価会計がより徹底されてくる、と考えておけばよいのではない
 でしょうか。
 
 持合の有価証券や、不動産などは、まだまだ時価評価されていない
 ものがたくさんあります。含み損は全部吐き出してしまう、スリム
 にしていく、ことになりそうです。

 ただ、税法上法は、基本的には損金と認められないでしょうね。
 税法は、会計とは分離する、という考えが近年の流れですので、
 この調整がなかなか厄介なものに、またまたなってきますね...

 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■□  全員経営をしよう!
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●経常利益率10%を目指す経営をしよう、という話をしておりますが、
 これは、経営者1人ではできないと思います。

 社員の協力がどうしても必要ですね。


 高収益会社にするための、最もシンプルな法則は、

 「売上を最大に、経費は最小に」です。

 これは、盛和塾塾長、京セラ創業者の稲盛和夫氏が言っている言葉
 です。
 あの大経営者が、こんな単純なことを貫き通し、京セラとKDDIを
 あれだけの会社にしたのです。


●この「売上を最大に、経費は最小に」を、実行するには、当然ですが
 社員の協力が必要なのです。

 各部署が、各担当が、自分の範囲において、どのように売上最大、
 経費最小を実行するのか、これを考えてもらい、やってもらわなけ
 ればならないからです。

 そのために大事なのは、情報開示です。

 まずは現状がどうなっているのか、会社全体、各人の部署、あるいは
 各人の業績まで開示して、知ってもらわなければなりません。

 それはどの程度の数字で、いいのか悪いのか、課題はどこにあるのか、
 目標にすべき水準はどの辺にあるのか、などを知らせなければ、
 真剣な行動の動機付けができないと思います。

 そして、目標を決めて、実行した結果を、また開示するわけです。


●会社経営をしていくには、数字は切っても切り離せないものです。
 これは、経営者だけでなく、社員もそうだと思います。

 事業として人が動くところには、数字が付いて回ってくるのです。
 好き嫌いにかかわらず...

 お客様に誠心誠意対応することは、最重要のことですが、
 同時に、数字も冷徹に把握していかなければならないのです。

 相矛盾することもありますが、このバランスを取っていくのが
 経営なのかな、と思います。


●ですから、社員への情報開示、数字の開示、というのを是非
 きちんとやって欲しいと思います。

 中小零細企業で、まったく社員に数字を見せない経営者がいます
 が、経営の観点から言えば、正直、まともに真剣に経営していな
 いのでは?
 と、疑問符を付けざるを得ませんね。


 数字の開示の仕方に工夫は必要かも知れませんが、あまり変な
 加工はせず、生情報を出した方が効果は高いと思います。


●社員に数字を開示し、部署の数字、会社の経営について、ともに
 考える、いろいろなアイデアを出す、自ら数字を出してもらい
 各自が責任を持つ...

 経営者1人で考えるよりも、ずっといい、結果が出るのではない
 でしょうか?

 正にこのような全員経営をやっていける会社が、強い会社なので
 はないかと、思います。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【異業種交流会】━━
■東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部のご案内
        http://www.tmbc.co.jp
--------------------------------------------------------------------
 あまり紹介していなかったかも知れませんが、実は、私どもでは、
 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部(TMBC)という異業種交流会
 をやっています。

 毎月第3火曜日の夜に、西新宿で開催しています。
 経営者や経営幹部の方が対象ですが、様々な方が参加しております。
 ●会の様子は、こちらから ⇒ http://www.tmbc.co.jp

 よろしかったら、オブザーバーでいらっしゃいませんか?
 次回は、『テーマ別グループディスカッション』です。
 ★テーマは、どの会社もお悩みの「新規開拓」です。

 特徴ある新規開拓を行なう会員4名が、パネルディスカッションをした
 のち、小グループに分かれての発表討議、そして最後のまとめ発表・・・
 そんな形で進めていきます。

 初参加者の紹介や、名刺交換会なども行ないますので、初めての方でも
 気楽に入りやすい雰囲気になると思います。

 特に読者の皆様であれば、まずは私(北岡)に声かけていただき、
 いろいろお話もできればと思っております。

 ということで興味ある方は、是非、お気軽にご参加ください。

  ●日時:平成20年9月16日(火) 受付開始 18:00
       例会:18:30~20:15 懇親会:20:30~22:00

  ●場所:ホテルローズガーデン新宿 別館「ローズルーム」
       ⇒ http://www.tmbc.co.jp/schedule/schedule.html

  ●会費:例会費  オブザーバー3,000円
      懇親会費 4,000円

 お申込みは、下記サイトから、または本メールにご返信の上、
 お申込みください。       

  TMBCサイト: http://www.tmbc.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 本日は、初めて?当社でやっている異業種交流会を紹介しました。
 中小企業の経営者中心に、毎回40~50名で行っている会です。
 目的は、会員各社の交流を通じて、各社がビジネスを成長発展させて
 いくことです。

 会員同士の直接の取引だけでなく、それぞれの会員が自分のバックボーン
 を活用して、他の会員にどのように役に立てるか、それを追及していき
 ましょう、ということでやっています。

 いわば「利他の心」で参加して欲しい、ということを言っています。
 「情けは人のためならず」ではないですが、人の役に立つことは、
 結局は自分に帰ってくるのだと思います。

 そんな気持ちで参加してくれる方、是非、来てくれると嬉しいですね。

 このTMBCの話をすると、ちょっと熱く語ってしまうことになるので
 この辺でやめておきますね。

 また、今後も是非紹介していきたいと思います。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です