東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第249号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/08/11(第249号)「全部門をプラスにする」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/08/11(第249号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 自民党幹事長から、証券優遇税制をやる、というような話が出て
 きましたね。300万円までの配当金を非課税にするというようなこと
 です。
 悪いことではないですけど、昨今の経済情勢、景気の低迷を考えれば
 いの一番にやるようなことではないと思います。

 もう少し企業を後押しする税制をやって欲しいですね。
 法人税率の下げであるとか、停止されている欠損金の繰戻還付の復活
 など、政府も財源確保の努力をした上で、企業活性化の税制を考えて
 欲しいものです。 

 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  全部門をプラスにする
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●経常利益率10%を達成するような、高収益企業を作っていくには、

 「全部門をプラスにする」 という考え方が大事です。

 会社全体の数字を見て、いかに利益率を上げようかと考えても、
 具体的な行動には、なかなか結びつかないものです。

 そのためには、具体的な行動の単位となる、部門別やプロジェクト別
 の数字を出して、検討していくことが必要になってきます。


●部門別の採算を出すと、必ず出てくる言葉が、

 「この部門は、全体や他の部門に貢献する部門なので、赤字でも
  いいんです...」

 というようなことです。

 確かに、その部門の活動が他の部門の営業活動になっている、
 ということはよくあります。

 また、「健全な赤字部門」などという言葉があり、将来の稼ぎ頭に
 するために、現在はその投資をしている...というような部門も
 あります。

 それはそれで、必要なことかも知れません。

 しかし、問題は、「それが言い訳になっていないか...?」
 ということです。


 「他に貢献する部門」「健全な赤字部門」「立ち上げたばかりの部門」
 という、大義名分がまかり通って、赤字になるのは当然、というよう
 な許容があると、それに流されてしまうことが、往々にあります。


●これらの部門が、あってはいけない、ということではありません。
 組織の中にはそういう役割の部門もあるでしょう。

 しかし、本来は利益を上げる目的を持つ部門(プロフィットセンター)
 であれば、当然にプラスになるべきであり、それがマイナスである
 ことには、厳しいチェックの元、納得できる理由が必要です。

 これは1回納得すればいいというものでなく、何回も(毎月)本当に
 そうだろうか? という質問を繰り返さなければならないのです。


 一旦、許容して、そのまま赤字を続けている部門が、いかに多いか、

 そして、それが会社の利益率が低い大きな原因になっているのです。


●したがって、部門別損益計算を見る時には、「全部門をプラスにする」
 という観点で、まずは見て欲しいと思います。

 マイナスの部署があれば、どうしたらこの部署をプラスにできるのか、
 まずはこれを考え、対策を実行してください。

 もし、他の部門の営業活動的な部門であるのであれば、社内売上を
 立てて、その部門を正当に評価してください。


 マイナスの部門を、1つ1つプラスにしていく、マイナスの部門を
 ゼロにすること、これが全体の利益率を高めていくために、まずは
 やらなければいけないことです。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していきます。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 今週はお盆休みの会社が多いようですね。
 当社は特に全体での休みはなく、それぞれが個々に夏休みを取る
 ようにしています。我が家は今年は、バカンスは冬にし、夏は
 それぞれの目標に向かって頑張る、という感じです...

 大学2年の長男は、わざわざ学園祭の実行委員を買って出て、
 今はその夏合宿に行ってます。夏合宿に行きたいために、実行委員を
 やっているんじゃないか? という気はしますが...(笑)

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です