東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第247号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/07/28(第247号)「売上と経費を連動させない」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/07/28(第247号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 消費税率のアップは、どうやら来年も見送りになりそうですね。
 ここ数年、ずっと言われ続けていますが、なかなか消費税率を上げる
 ことができません。もちろん、政治的な駆け引きもあるのでしょうが...

 ただ、やはり、世の中が消費税率を上げるマインドになっていない
 と思います。

 社会保険・年金の問題や、道路特定財源、ガソリンや資材の高騰、
 そして財政改革、もっと小さな政府でできるのでは? という国民の
 想いがありますから、そういうものがスッキリしない限りは、消費税を
 あげるのは難しいのでは? と私は思います。

 そういう意味の、空気を読むのは、政治家は得意なんだな、とは思い
 ますが...いずれにせよ、信念を持った真のリーダーが出現しない
 限り、上記の解決は無理なのでは、と思います。
 
 
 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  売上と経費を連動させない
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ここ数回は、10%の経常利益を上げるために、ということで
 書いているつもりです。

 業種によっては、この10%というのは、非常に困難な数字かも知れ
 ません。

 とは言え、昨今では、あまり「業種」ということで区切らない方が
 いいかと思っています。

 というのも、あっという間に違う業種に展開できることも可能な
 世の中になったから、です。


●たとえば、卸売業をやっている会社が、いきなり全国を相手にした
 小売業に転換することもできるのです。

 インターネットと宅配便のサービスが、全国津々浦々までカバーして
 くれているからです。お金の決済方法も、代引きから、ネットバンキング、
 カード払い、など様々な方法を採ることができます。

 販売代行やアフィリエイトその他、私も知らない様々な販促手法も
 様々用意されているでしょう。


 これだけインフラが充実してきている世の中ですから、

 「当社の所属する業界では、構造からいって、経常利益率10%は無理」

 ということは、言えないと思います。


●そして、経常利益率10%を目指すのであれば、「売上」と「経費」は
 分けて考えることです。

 決して連動させて考えない方がいいと思います。
 どういうことかと言うと、

  「売上を上げるためには、経費もかかる。」
 
 という思考をやめる、ということです。
 この思考がある限り、経常利益率10%というのは、難しいと思います。

 「売上を上げるのと、経費を増やすのは関係はない。」
 「経費を増やさずに、売上を上げる方法を考える。」

 ということですね。


●もちろん、どうしてもかかる経費はあるかも知れません。
 しかし、極力上記の考えを念頭においておけば、売上増を実現した
 時の利益率は、かなり高いものになってくるはずです。

 「これだけの売上を上げるためには、人があと○人必要だ。」

 「○○での宣伝や、○○キャンペーンをやらなければ、その
  数字を達成するのは、無理だ。」

 「売上を増やすには、老朽化したこの施設の大規模修繕が
  どうしても必要だ...」


 今以上の売上を上げようとすると、どうしても上記のような
 発想が出てくるものです。

 特に、「これだけ頑張っているのに...」と思っている営業マン
 は、売上が上がらないのを、商品や環境のせいにしたがります。

 「それがあれば、できるのに...」という、ないものねだりです。


●そこで、本当にそうなのかを、考えることです。

 お金をかけないで、売上を増やすことについて、

  『もうやることはないのか?すべてやったのか?』という
 
 ことです...どんなことでも、すべてやり尽くしたという
 ことは、余程でない限り、ないはずです。


 すなわち、創意工夫、徹底して考える、調べる、試行する、
 ことです。まだまだ、やっていないことはあるはずです。

 徹底して考え、その上で、かかる費用があるのであれば、
 それは使えばいいと思います。
 そこまで考えれば、成功の確率は高いだろう、と思うから
 です。


 そのような繰り返し・積み重ねが、経常利益10%の会社に
 なっていくのだろうと思います。

 是非、上記のような思考でやってみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していきます。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 週末は、家族で伊豆の海に行ってきました。
 土曜日は本当にいい天気で、顔は日焼け止めでかなり食い止めたのです
 が、子供との砂遊びに熱中するあまり、背中をやってしまいました。(笑)
 かなり、来ていますね...当面、寝にくい夜が続きそうです...

◎実践!社長の財務-財務アプローチで儲かる会社を作る
  のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000119970/index.html 
  このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です