東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第242号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/06/23(第242号)「生産性を高めよう!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/06/23(第242号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 先週、17日に国税庁が2007年度査察白書を公表しました。
 それによると、告発件数の多かった業種・取引は、「商品・株式取引」、
 「鉱物、金属材料卸」、「人材派遣業」、「不動産業」という順になっ
 ています。

 「商品・株式取引」は、よく言われている外国為替証拠金取引(FX取引)
 による利益の除外が、多いようです。
 また、架空の輸出免税売上とそれに見合う架空の課税仕入の計上、すなわ
 ち、不正な消費税の還付を受けているケースも多く指摘されています。

  さらに「人材派遣業」においては、、本来課税仕入に該当しない人件費
 を課税仕入となる外注費に科目を仮装することなどして、やはり消費税を
 不当に減らす脱税が目立っているとのこと。

  今年の査察結果では、法人税の脱税額が減り、消費税や相続税の脱税
 が増えているのが目立ちますね。8月後半からの税務調査は、消費税など
 について、もっと厳しく見てくるかも知れません。

  もっと詳しく査察白書の内容を知りたい方、下記国税庁サイトに
 アクセスしてみてください。
 ⇒ http://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2008/sasatsu/index.htm
 

 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  生産性を高めよう!
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●先週、経常利益率は10%は、どんな業種でも目指して欲しい、という
 ことを書きました。

 これを追求することにより、結果的に自己資本比率を上げていくことを
 目指しているからです。

 そして、自己資本比率を上げることが、企業を強くし、継続する企業を
 作っていくことにつながるのです。

 すべて、自己資本比率を上げるには? という発想からここまで
 きています。

 (どうして、現在の話しになっているのかを、自分で整理する意味も
  含めて確認です。自分でわからなくなってしまうので...苦笑)


●そこで、さらに突っ込んで、経常利益率10%を上げるためには、
 どのような状況になればよいのか、考えてみます。


 経常利益率10%は、やはり一般的には、非常に高い利益率です。

 この数字をたたき出すには...多くの社員を抱えている会社で
 あれば、一人ひとりの生産性が高くなければ、これを達成するこ
 とはできません。


 先週もあるセミナー(編集後記の)で講師が言っていましたが、
 日本の企業の生産性は、先進諸国の中ではダントツに最下位であると...
 生産性がいいのは、製造業だけであり、ホワイトカラーの生産性は
 非常に悪い...というようなお話でした。

 
●では、財務でいう生産性は、どこに現れてくるのでしょうか?

 これは「労働生産性」という指標で表されています。

  労働生産性 = 1人あたりの付加価値
        = 付加価値 ÷ 社員数

  ということになります。

  付加価値は、売上高から外部購入費用を差し引いたものですが、
  一般的には「粗利益」を付加価値と考えていいと思います。
  (製造業は、若干違いますが)


  すなわち、1人あたりの粗利益の額 が生産性を表すわけですね。

  まずは、この数字を高めていくことが、経常利益率10%への道に
  つながっていきます。


●御社の 生産性=1人あたりの粗利益の額 は、いくらになって
 いるでしょうか?簡単ですので、計算してみてください。

  粗利益 ÷ 平均社員数 です。

 社員数には常勤役員や、アルバイト・パートの社員換算数を含めて
 ください。
 
 そして、その生産性は、平均人件費の何倍になっているでしょうか?


 よく「給料の3倍を稼げ、そうなって初めて1人前だ..」
 みたいなことを言われます。

 これは、正に的を得た数値だと思いますね。
 やはり営業マンであれば、給料の3倍は稼いで欲しいところです。


 給料以外に、法定福利費や福利厚生費などもありますし、退職金など
 にも備えておかなければなりません。

 さらに、間接人員の人件費分も、営業マン=直接人員には稼いでもら
 わなければいけません。

 営業マンが3倍稼いではじめて、全体の人件費の倍くらいの粗利益に
 なるのです。

        粗利益
 すなわち、 ───── = 2倍 という状況になるわけですね。
        人件費
 
   ※この人件費には、法定福利費(社保会社負担分)や福利厚生費
    退職金掛金、そして間接部門の人件費も含まれる。



●やはり、これが最低ラインでは、ないでしょうか?
 すなわち、人件費は粗利の50%、ということです。

 ただし、商品がない、サービス業、コンサル業などは、人件費の割合
 は、60%からヘタすると70%位いくこともありますね。

 これは、業種による要因も多いでしょう。
 この場合は、他の経費を極力減らすことです。


 ・・・ちょっと今日は中途半端ですが、この辺で終わります。
    続きはまた、来週書きたいと思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会計をベースにした「高収益企業化」セミナーのご案内
   
  講師:「実践!社長の財務」発行人 北岡 修一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 強い会社・儲かる会社を作る経営者は、例外なく、数字に細かい、強い、
 こだわる経営者です。

 経営にとって、数字や会計は重要であり、というよりも、これを理解し
 駆使することは、必須だと思います。

 会計がわかっていなければ、たとえ一時的に儲けることはできても、
 強い会社にはなれません。強い会社とは、つぶれない会社です。

 そのために経営者は、もっと会計を重視しなければいけないのに、
 どうしても、営業や販促、商品開発の方ばかりに行ってしまいがち
 ですね。

 そのような経営者、経営幹部のための、「会計をいかに活用するか」の
 セミナーです。

 ■セミナーの詳細は、下記に載っていますので、是非ご参照ください。
  → http://www.tm-tax.com/seminar/index.html


  ●日 時:平成20年7月22日(火) 15:00~17:00(受付14:30~) 
  ●会 場:ホテルローズガーデン新宿 別館
       http://www.hotel-rosegarden.jp/access/access.html

 お申込みは、下記サイトより。お待ちしております!
  → http://www.tm-tax.com/seminar/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念経営』を追求することにより、中小企業の成長発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していきます。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 先週は、以前にこのメルマガでも告知した「御社の営業がダメな理由」
 の著者、藤本篤志氏による講演会を、我が「東京メトロポリタン・ビジネ
 ス倶楽部」(TMBC)で行ないました。

 通常40人くらい出席のTMBCが、何とその日は83人もの参加があり
 ました。さすが、ベストセラー著者の藤本氏ですね。集客力が違います。
 とは言ってもそれ程、宣伝したわけではないのですが、皆様の口コミに
 よるものです。

 そのセミナーの話は、大変参考になりました。
 今週、水曜日以降、その様子&概要が写真付きで、TMBCサイトに
 載せますので、よろしかったら見てください。

 こちらからです。⇒ http://www.tmbc.co.jp/report/report.html
 現在はまだ、5月開催分までの報告しか載っていません。
  (それも見ていただければ、嬉しいですが)

 ということで、このメルマガの読者の皆様には、いつでもTMBC
 開放しております。オブザーバーとして是非一度ご参加ください。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です