東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第232号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/04/14(第232号)「中小企業の会計処理はどうするか?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/04/14(第232号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 今回で、リース会計の話も、最後にします。

 新年度税制改正の話もしたいのですが、正式な改正が先延ばしに
 なっていますので、何か書きづらいですね。

 ガソリン税は一体どうなるのでしょうか?

 一端は暫定税率を廃止しましたが、また元に戻る、というのが
 大方の見解でしょうが、識者の中には一旦下げて大衆に受け入れ
 られたものを戻すのは、難しい、という意見もあります。

 また、先週、環境省の方に聞いた話では、暫定税率が廃止される
 と、確実に温室効果ガス排出量が上がると...現在マイナス6%
 を目指しているのに、0.6%位は上がってしまう、ということで
 した。

 こういう話も聞くと、益々難しくなってしまいますね。
 財源の話と、環境の話は、別々に考える必要があるのでしょうが... 


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■□  中小企業の会計処理はどうするか?
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ほとんどのリースは、売買取引になりましたが、中小企業(会計
 監査を受けない企業)は、税法上、賃貸借処理を続けても問題は
 ない、ということでした。

 しかし、消費税だけは注意しましょう、というのが先週の話です。

 すなわち、今後は、リース契約をした時に、リース料総額にかか
 る消費税を、全額売上にかかる消費税から、控除できる、という
 ことですね。


●では、実際の仕訳はどのようにするのが、良いのでしょうか?

 賃貸借処理を継続する場合は、
 
 <リース契約締結時>
  (借方)仮払消費税 xxx //(貸方)未払金 xxx

  という仕訳になってしまいますね。
  資産計上しないが、消費税だけは控除する、というので
  上記のような仕訳になります。

  仮払消費税に対応する資産がないのは、何か変ですね...


 <リース料支払時>
  (借方)賃借料 xxx //(貸方)現預金 xxx
      未払金 xxx //

  今までだったら、仮払消費税であったものが、未払金になり
  ます。


●では、資産計上した場合は、どうなるでしょうか?

 <リース契約締結時>
  (借方)リース資産 xxx //(貸方)リース債務 xxx
      仮払消費税 xxx //

   リース資産が計上され、それに対応する仮払消費税が計上
   されますから、リーズナブルな仕訳になりますね。


 <リース料支払時>
  (借方)リース債務 xxx //(貸方)現預金 xxx

 <リース資産償却時>
  (借方)減価償却費 xxx //(貸方)リース資産 xxx

   減価償却を毎月やっていけば、賃貸借処理とほぼ同額の
   費用が計上されることになります。


●賃貸借処理を継続する場合、資産計上する場合、どちらがいい
 とは言えませんが、仕訳の整合性から言えば、やはり資産計上
 した方が自然だと思います。


 資産計上すると面倒、とか不利になる、などと言われますが、
 リース資産が膨大にあるならともかく、中小企業でコピーや
 パソコンくらいしかリースはない、というのであれば、

 資産計上してしまった方が、むしろスッキリするのでは
 ないか、と思います。
 大した手間ではありません。

 また、税務上不利になることは、ありませんね。


●ということですが、御社は、どちらの処理を選びますか?

 税法上は、4月1日以降契約するリース取引が対象になって
 きますので、どのように処理するかは、そろそろ決めておいた
 方が良いと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会計をベースにした「高収益企業化」セミナーのご案内
   
  講師:「実践!社長の財務」発行人 / 北岡 修一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ちょうど1年前位に実施し、大変評判の良かった(自画自賛?)
 上記セミナーを、また今年もやろうと思います。

 セミナーの詳細は、下記に載っていますので、是非ご参照ください。
  → http://www.tm-tax.com/seminar/index.html

 次の日程等で行ないますので、ご都合のよろしい方、是非ご参加
 ください。

  ●日 時:平成20年5月22日(木) 15:00~17:00(受付14:30~)
  ●会 場:ホテルローズガーデン新宿 別館
       http://www.hotel-rosegarden.jp/access/access.html

 お申込みは、下記サイトより。お待ちしております!
  → http://www.tm-tax.com/seminar/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 4月に入って本当に雨が多いですね。何か肌寒いしとても4月という
 気分ではないですね。
 とは、言っても4月ももう後半。GWもあっという間に、間近です。
 そろそろGWも考えた仕事&遊びの計画を立てないといけないですね。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です