東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第231号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/04/07(第231号)「リース取引 消費税の取り扱いに注意」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/04/07(第231号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 平成20年度税制改正案は、可決されないまま4月突入してしまい
 ましたね。2ヶ月延長しているものもありますので、多くのことには
 影響はないのでしょうが、異常な事態であることは間違いないですね。

 4月末くらいまでには、決めて欲しいものです。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■□  リース取引 消費税の取り扱いに注意
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●先週、税法においても、所有権移転外ファイナンスリースは、
 賃貸借取引ではなく、売買取引になる、という話をしました。


 「所有権移転外ファイナンスリース取引」長ったらしくて難しそう
 ですが、今のリースは、ほとんどこれに該当します。

 御社にある、コピーのリースや、パソコンのリースなどは、
 ほとんどすべて、この「所有権移転外ファイナンスリース取引」
 に該当します。


●さて、リースは、売買取引になったが、税法上は、今までどおり
 賃貸借処理をしていても構わない、ということを先週話しました。

 会計監査を受ける会社以外は、それでもいい、ということですね。

 
●ただし、消費税だけは、注意しなければなりません。

 すなわち、税法上売買取引になったということは、リース契約=
 資産の取得ですから、その時にそのリース資産にかかる消費税の
 全額を、認識することになる、ということです。


 今までは、リース料支払時に、消費税を計上していました。

 月50,000円のリース料であれば、2,500円の消費税を上乗せして
 払い、その消費税は、その期に納付すべき消費税から控除する
 ことができました。

 
 ところが、これからは、支払時ではなく、リース契約時に
 消費税を立てます。

 リース総額300万円であれば、15万円の消費税を、リース
 契約した期の消費税から、一気に控除することができるのです。

 これは、会計処理として、賃貸借処理を継続していく場合で
 あっても、同じです。


●ということは、リースをやるメリットが1つ増えた、という
 ことになりますね。

 リースは資産計上だから面倒、これからはリースはやめよう、
 なんていう話も聞こえてきますが、こと中小企業に限っては、
 
 リースは今までどおり、リース料や賃借料で処理して構わないし、
 消費税も安くなる、ということですね。
 (もちろん、リース期間トータルで見れば消費税は同じですが)


 その他にも、リース資産についても、資産取得の税額控除
 (取得価額の7%の税額控除など)の対象に、リース資産もなる
 ことなども、メリットのひとつですね。

 しかも、リース資産の場合には、リース総額を取得価額として
 計算しますので、購入の場合よりも税額控除が多くなる、という
 メリットもあります。
 (リース総額には、金利なども含まれていますので、取得価額
  よりも高くなるので)


 決してリース会社の回し者ではないですが、中小企業にとっては
 リースは、今までどおり活用したらいいのではないかと、思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会計をベースにした「高収益企業化」セミナーのご案内
   
  講師:「実践!社長の財務」発行人 / 北岡 修一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ちょうど1年前位に実施し、大変評判の良かった(自画自賛?)
 上記セミナーを、また今年もやろうと思います。

 セミナーの詳細は、下記に載っていますので、是非ご参照ください。
  → http://www.tm-tax.com/seminar/index.html

 次の日程等で行ないますので、ご都合のよろしい方、是非ご参加
 ください。

  ●日 時:平成20年5月22日(木) 15:00~17:00(受付14:30~)
  ●会 場:ホテルローズガーデン新宿 別館
       http://www.hotel-rosegarden.jp/access/access.html

 お申込みは、下記サイトより。お待ちしております!
  → http://www.tm-tax.com/seminar/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 そろそろリース会計も終わりにして、次のテーマに行きたいと思います。
 来週に向け、ちょっと企画を考えていこうと思っています。

 新年度も引き続き、実践!社長の財務、よろしくお願いします。
 また、読んでいただけそうな方がいましたら、是非、お奨めをお願いし
 ます。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です