東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第230号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/03/31(第230号)「リース取引-中小企業にとっては?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/03/31(第230号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
  税理士の北岡修一です。

 今日は年度末ですね。
 ついに、租税特別措置法-日切れ法案も正常な形では決着しません
 でしたが、ガソリンなどはこれから混乱しそうですね。

 当社のお客様にもGSがあるけれど、大丈夫だろうか...心配です。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■□  リース取引-中小企業にとっては?
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このところリース会計ばかりやっており、中小企業の方から、
 「うちはあまり関係ないんだけど...」と言われてしまいました。

 すみません。確かに、そうですね...

 リース会計を説明しようとすると、やはり難しいこともあるし、
 説明することも多いので、細切れに長くなってしまいます。

 
 ということで、少し解説の仕方を考えてみたいと思います。
 (号外などの方法で)


●そこで、本日は、リース取引でも中小企業に関係のある話をします。
 
 中小企業にも直接関係してくるのは、税法の扱いです。

 今回のリース会計の変更は、税法の方も歩調を合わせて変わって
 おります。


●まずは、税法においても、所有権移転外ファイナンスリースは、
 賃貸借取引ではなく、売買取引になりました。

 すなわち、賃借料やリース料ではなく、資産に計上しろ、という
 ことですね。

 資産に計上する額は、先週話したように、リース料の総額です。
 5年で300万円のリースであれば、リース資産を300万円で
 資産計上するのが原則です。


●ところが、税法では、実際には資産計上しなくてもいいのです。

 なぜか? それには2つの理由があります。

 1つには、リース資産の償却は、リース期間定額法で行なうことに
 なっていることが理由です。

 すなわち、5年リース 総額300万円のリース資産は、
 毎月の償却額は、300万円 × 1/60 = 5万円となります。

 これは、毎月のリース料と同じ額である、ということがポイント
 です。

 すなわち、毎月リース料で費用計上しても、
 リース資産を資産計上して、毎月償却費として計上しても、

 費用になる額は、変わらない、ということがミソなのです。


●そして、2つ目の理由は、

 リース料や賃借料として費用計上したものは、税法上、償却費として
 損金経理(税法上の費用に計上すること)したものとみなす、

 という規定ができた、からです。

 すなわち、上記のリース料と償却費は、額も同額であるし、
 その処理の意味合いは、税法上同じと考えますよ、というわけ
 です。

 だから、今までどおり賃借料やリース料で、費用処理していても
 税法上は問題にならないのですね。

 中小企業は一安心ですね。


●ただし、消費税の取り扱いだけは注意しないといけません。
 それについては、来週やりましょう。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ビジネスの拡大を目指す実践型「異業種交流会」のお知らせ

    東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部(TMBC)とは?
    http://www.tmbc.co.jp/
──────────────────────────────────
 
 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部(TMBC)が4月より、新たに
 発足します。
 TMBCは、東京メトロポリタン税理士法人を母体とした異業種交流会
 です。(私が会長で運営をしております。北岡)

 税理士法人の顧問先をはじめ、成長意欲のある企業が参加しております。
 毎回様々なプログラムで、皆様のビジネスの拡大を支援しておりますの
 で、ご興味のある方、是非まずはオブザーバーでご参加いただければと
 思います。

 TMBCの詳しい内容、お問い合わせ、お申込みは下記サイトでお願い
 します。→ http://www.tmbc.co.jp/

 なお、次回の例会は次のとおりです。
 
  ●日 時:平成20年4月15日(火)毎月第3火曜日
        18:00受付開始 18:30 例会開始
        20:20まで 懇親会(希望者)20:30~

  ●場 所:新宿ファーストウエスト3F会議室
       新宿区西新宿1-23-7 工学院向かい
       ※場所は、TMBCホームページで確認してください。
       ⇒ http://www.tmbc.co.jp/schedule/schedule.html

  ●参加費:オブザーバー 3,000円(会員無料)

  ●懇親会:会費:4,000円

 お待ちしております!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 いよいよ今日は31日ですので、明日から、リース取引の会計や税務
 が変わりますね。

 税法上は、明日以降、契約するものが改正の対象です。
 リースはもう面倒くさそうだから、もうやめようか、などと言っている
 中小企業の方もいますが、決してそんなことはありませんよ。

 むしろ、中小企業にとっては、リースの方が得になるのでは? と
 思います。

 その理由は来週説明します。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です