東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第218号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2008/01/07(第218号)「高収益の会社になるためには?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2008/01/07(第218号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 新年あけましておめでとうございます。
  税理士の北岡修一です。

 今年の最初のメルマガは、1/7とずい分、明けてから経ってしまい
 ました。
 今日から仕事初めの方も多いのではないかと思います。
 当社もそうです。

 スタートが遅いだけに、最初からエンジン全開で行きたいですね!
 
 ということで、本年も何卒、引き続きご愛顧の程を、よろしくお願い
 申し上げます。


 ということで、新年最初の「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  高収益の会社になるためには?
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●『会計理念経営』10カ条の続きです。


 第8条 売上は最大に、経費は最小に
    ・・・売上と経費は連動するという考えは捨てること
    ・・・各部署ごとに、売上最大、経費最小を行なう


 この「売上は最大に、経費は最初に」というのは、京セラ創業者である
 稲盛和夫氏の教えです。

 会計のことを、まだあまりわからなかった頃に、経理担当者の難しい
 説明に業を煮やし、
 「とにかく、売上を最大にして、経費を最小にすればいいんだな。
  そうすれば利益が出るということだろう?」

 という非常に単純にして、わかりやすくして理解したそうです。

 しかし、これが後々、実は非常に本質を突いていることがわかって
 きたそうです。
 (日経新聞社「稲盛和夫の実学」より)


●これは、先週のメルマガにも書きましたが、会計人の私にとっても
 非常にわかりやすく、腑に落ちるものです。

 「売上は最大に、経費は最小に」 と、言っていること自体は非常に
 単純なのですが、経営計画を立てたり、経営管理をしたり、そして
 実際の行動をする上において、すべて正にこれを忠実に守っていけば
 経営はうまくいくのです。

 すなわち、これを忠実に実行すれば、確実に利益が上がり、強い体質
 の企業ができていきます。


 「利益を上げよう」というよりも、

 「売上を最大にしよう、経費を最小にしよう」という方が、

 言っている目的は同じだとしても、具体的な行動に結びつきやすい
 のです。そう感じませんか?


 また、「利益を上げろ」というと、何でもいいから利益を上げろ、
 みたいな利己的な殺伐とした感じになりませんか?

 騙してでもいいから、利益をとれ! みたいな...

 
 その点、「売上を最大にする」というのは、そのためには、より
 お客様に喜んでもらう、貢献しないとできないよね、みたいな
 そういうイメージが伝わってきませんか?

 そして、「経費を最小にする」というのは、自分たちの努力で
 できるだけお金をかけないでやろう、という意志が伝わって
 きます。


●これは、非常にシンプルなのですが、本当に結果として利益を
 上げる、利益はこれらをすれば、後からついてくるんだよ、
 ということを伝える、すばらしいメッセージでもあると
 思います。

 本当に私も好きな言葉です。

 皆様の会社でも、試算表や数値をながめる時は、
  常に「売上を最大にするには?」
    「経費を最小にするには?」 を考えて欲しいと思います。

 そして、大事なのは、上記2つを別に考えることです。
 連動させないことです。

 売上を増やすには、当然経費も増える、とは考えてはいけない 
 のです。

 確かに連動しがちなのですが、
 「売上が増えた(る)からといって、経費も増えるとは限らない。
  むしろ経費は減らしてやる方法はないのか?」

 これを考えることですね。


●利益をたくさん上げられる会社になる一番の方法は、

  売上が伸びている時に、改善を重ね、経費を減らすことです。
  
  売上が伸びている時こそ、チャンスと考え、同時に経費を
  減らす努力をするのです。

  その時は、本当に大変かも知れませんが、その結果として得る
  ものは、もの凄く大きなものになるはずです。
  (京セラもこの連続で伸びてきた、という話も聞きました)

  
  しかし、多くの会社はこの反対をやってしまうのですね。

  すなわち、売上が伸びている時に、税金を払いたくないばかりに
  節税ということで経費を増やし、利益を減らすわけです。

  税金は少なくなるかも知れませんが、結果的に会社の利益も
  少なくなり、せっかくの伸びるチャンスを自らつぶしてしまう
  のです。

  そして、10年たっても、20年たっても小さい会社のまま...

  心あたりある方は、そんな経営からそろそろ抜け出してみては
  いかがでしょうか...?
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 久しぶりにメルマガを書いた気がします。
 やはりこれを書いて1週間をスタートさせる、これをやらないと1週間が
 始まらない、というパターンになってきましたね。

 今年もますますパワーアップしていきたいと思いますので、また1年
 何卒よろしくお願いいたします。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です