東京 税理士 事務所 東京メトロポリタン税理士法人

東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人への交通アクセス東京メトロポリタン税理士法人へお問い合わせ

東京メトロポリタン税理士法人の電話番号

HOME >> 会社案内 メールマガジン「実践!社長の財務」 >> バックナンバー(第214号)

東京メトロポリタン税理士法人 会社案内

東京メトロポリタン税理士法人 メールマガジン「実践!社長の財務」 バックナンバー

2007/12/10(第214号)「社長は、経理に遠慮していてはいけない」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2007/12/10(第214号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで儲かる会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップしたいのであれば、まずは会計から変えろ!!”
■■          http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おはようございます。
  税理士の北岡修一です。
 
 いよいよ今週13日には、自民党の税制改正大綱が発表されるよう
 です。

 焦点は、先週も書きました「金融一体課税」ですかね。
 自民党案に民主党案があり、そして財務省案に対抗するように
 金融庁案があります。

 基本的に2009年度に、「金融一体課税」の導入がされることは
 一致しているようですが、税率が20%か10%か、というところは
 主張の分かれるところです。

 いずれにしても、今週の自民党の税制改正大綱に注目したい
 ところです。

 そして、今年は例年とは違い、自民党の税制改正大綱が出たからと
 いって、それで決まりではないようです。

 その後に、民主党の税制改正大綱も出ますから、それとの違いや
 駆け引きも見ものですね。


 ということで、本日も「実践!社長の財務」いってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  社長は、経理に遠慮していてはいけない
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●『会計理念経営』10カ条の続きです。


 第5条 会計は、意識して経営に活かさなければならない
    ・・・経営者は、会計に関して受身ではいけない
    ・・・不明な点、見たいデータはどんどんリクエストする


 第4条までで、正しい会計ができたとすると、第5条からは
 その次の段階です。

 すなわち、「会計を経営に活かす」ということですね。


●そのためには、まずは経営者が、月次決算で「何を見たいのか」を
 はっきりさせることです。

 それが、はっきりしていなければ、せっかく月次決算をやっても
 もったいないです。


 「何が見たいのか」、「何を見るべきなのか」は、別に難しいこと
 ではありません。

 経営者が、経営をする上において、どんな数字が必要か、どんな数字
 をいつも確認したいか、見たいか、素直に考えてみればいいだけです。

 売上なのか、粗利なのか、部門別の利益なのか、商品別の利益なのか、
 いろいろあると思います。


●まずは、経営者が素直に出してみてください。
 経営者は、経理から月次決算を与えられるのではなく、

 「こんな数字が見たいので、出してくれ」というべきなのです。

 会計が苦手だからといって、以外にそういうリクエストをしない
 経営者が多いですね。
 どんどん言った方がいいと思いますよ。

 経理や会計事務所は、経営に役立つ資料を作ることが仕事です
 から、リクエストするのは一向に構わないのです。

 でも、あまり無理難題を言うと、あとで経理が文句を言ってくる
 かも知れませんが...それは責任を持ちません...(笑)。


●経営者が、経理にいろいろな要求をすることによって、
 経理のレベルは、確実に高くなりますね。
 
 そういう会社は結構見てきました。社長がいろいろな要求をする
 ので、経理が一生懸命それに答えようとフォームを作って、やり方
 を考えて、すばらしい資料を作っている会社があります。

 とても、短時間で毎月よく作るなと、思うものもあります。

 ただし、社長がトンチンカンだと、変な資料を要求して経理の
 手間ばかりが増えてしまう、挙句の果てに作るだけで社長は
 見ていない、なんてこともありますね。
 

 やはり、定期的には作成している資料を見直さないと、
 無駄な作業が増えてしまうこともありますので、要注意ですね。


●いずれにせよ、社長は、経理や月次決算に、常に感心を持っていて
 欲しいのです。

 そして、そこから何かをつかむべく、毎月少しの間でも構いません
 ので、月次の資料をじっくり見て欲しいですね。


 そして、「少しでもおかしいと思ったら、質問することです。」
 これは大事なことです。

 経理しかり、担当部門しかり、担当者しかり、その質問をする
 ことで、様々な問題が浮き彫りになってきます。

 これらの問題に、対処していくことが、月次決算を経営に活かして
 いく、ということにつながってくるのです。


 カンタンなことですよね。是非、やってみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■よろしかったら、このメルマガ、友人、お知り合いの方にご紹介ください。
 下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■当社&本メルマガのミッション

 ●『真の会計』を追求することにより、中小企業の成長・発展に貢献する

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの中小企業
  が、「強い会社」・「儲かる会社」・「継続する会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆本メルマガへの意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 発行 】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【 編集 】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【 住所 】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【 TEL 】03-3345-8991 【 FAX 】03-3345-8992

──────────────────────────────────
※本メルマガの解除は、コチラから ⇒ http://www.tm-tax.com/mm-k.html
 このメールマガジンは、『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )            ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<編集後記>
 
 先週、タイに行ってきました。一昨年は、やはり同じ仲間で上海に
 行ったのですが、タイは上海に比べて何か静かだなと思いました。
 そう、車のクラクションがほとんど鳴っていないんです。

 上海とは雲泥の差でしたね。やはりタイの国民性によるんですね。
 微笑が多かったり、手を合わせて御礼を言ってくれたり、日本人と
 とても合うような気がします。

メールマガジン一覧に戻る

『実践!社長の財務』(マガジンID:0000119970)

儲かる会社・強い会社・継続する会社になるための財務の知識・考え方を、毎週月曜日配信しています。購読はもちろん無料です!

お申込みは、下のボックスにメールアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。

>> 登録解除はこちら

東京メトロポリタン相続クラブ

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン

東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!社長の財務」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「不動産 税金相談室」東京メトロポリタン税理士法人の発行するメールマガジン「実践!相続税対策」

東京メトロポリタン税理士法人のお役立ち情報

東京メトロポリタン税理士法人のカンタン解説シリーズ東京メトロポリタン税理士法人 北岡修一の「闘う財務」

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部

異業種交流会 東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部の詳細はこちら

ページのトップへ

■運営
東京メトロポリタン税理士法人
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー4F

東京メトロポリタン税理士法人は、東京都新宿区を拠点とする税理士事務所です